マイケル・B・ジョーダン「キングコング 髑髏島の巨神」監督とモンスター映画でタッグ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年3月26日 > マイケル・B・ジョーダン「キングコング 髑髏島の巨神」監督とモンスター映画でタッグ
メニュー

マイケル・B・ジョーダン「キングコング 髑髏島の巨神」監督とモンスター映画でタッグ

2019年3月26日 11:00

マイケル・B・ジョーダン「キングコング 髑髏島の巨神」

マイケル・B・ジョーダン
写真:Shutterstock/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 今ハリウッドで最も波に乗る人気俳優マイケル・B・ジョーダンが、「キングコング 髑髏島の巨神」のジョーダン・ボート=ロバーツ監督とのタッグで、タイトル未定の新作モンスター映画をプロデュースすることがわかった。

世界中で一大旋風を巻き起こした大ヒット作「ボヘミアン・ラプソディ」を手がけたニューリージェンシー製作のもと、ボート=ロバーツ監督がメガホンをとる本作で、ジョーダンは自身の制作会社アウトリア・ソサエティを通じてパートナーのアラナ・メイヨとともにプロデューサーを務める。プロットの詳細は不明だが、米ハリウッド・レポーターによれば、ボート=ロバーツ監督が以前より温めていたオリジナルのアイデアがベースになる模様。現在、脚本家探しを行っているところで、同監督の故郷である米デトロイトが舞台のモンスター映画になるようだ。

2013年のインディペンデント映画「キングス・オブ・サマー」で長編監督デビューを果たしたのち、米レジェンダリー・ピクチャーズとワーナー・ブラザースが展開する“モンスターバース”の一作「キングコング 髑髏島の巨神」の監督に大抜てきされ、一躍注目を集めたボート=ロバーツは、次に実写映画版「メタルギアソリッド」でメガホンをとることが決まっている。

ジョーダンが16年に立ち上げたアウトリア・ソサエティは、人種・性別・文化などにおいて多様なバックグラウンドを持つキャストとスタッフが、全体の最低半数を占めるよう契約で義務づける「包摂条項(インクルージョン・ライダー)」を公に採用した初の製作会社として注目を集めた。映画ではワーナー、テレビではアマゾン・スタジオとそれぞれファーストルック契約を結ぶ同社は、マーロン・ジェームスの人気ファンタジー小説を映画化する「Black Leopard, Red Wolf(原題)」、第2次大戦を舞台にしたアクション大作「The Liberators(原題)」という2本の映画を準備中であるのに加え、米ケーブル局AMCの新ドラマ「61st Street(原題)」、第89回アカデミー賞で作品賞に輝いた「ムーンライト」の原案者、タレル・アルビン・マクレイニーがクリエイターを務めるOWN(オプラ・ウィンフリー・ネットワーク)の新ドラマ「David Makes Man(原題)」の制作も手がけている。

(映画.com速報)
キングコング:髑髏島の巨神[DVD] キングコング:髑髏島の巨神[DVD] 最安価格: ¥1,000 933年に製作された特撮映画の古典「キング・コング」を筆頭に、これまでにも数々の映画で描かれてきたモンスターの王者キングコングの起源を、コングの故郷である髑髏(どくろ)島を舞台に描いたアドベンチャーアクション大作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • スノー・ロワイヤルの評論 スノー・ロワイヤル 除雪作業員の怒りの復讐劇がオフビートに捻れゆくクライム・コメディ
  • コレットの評論 コレット “絶対に結婚してはいけないダメ男”を魅力的に演じたドミニク・ウェストに注目!
  • ベン・イズ・バックの評論 ベン・イズ・バック ジュリア・ロバーツが熟練の演技で魅せる、盲目的で躍動的な母親の執念の物語
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報