梶裕貴「進撃の巨人」エレンとリヴァイは衝突しても「僕は神谷さんの胸倉つかめない(笑)」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年3月25日 > 梶裕貴「進撃の巨人」エレンとリヴァイは衝突しても「僕は神谷さんの胸倉つかめない(笑)」
メニュー

梶裕貴「進撃の巨人」エレンとリヴァイは衝突しても「僕は神谷さんの胸倉つかめない(笑)」

2019年3月25日 22:00

「進撃の巨人」Season3 Part.2が4月放送

「進撃の巨人」Season3 Part.2が4月放送
(C) 諫山創・講談社/
「進撃の巨人」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気テレビアニメ「進撃の巨人」のSeason 3のトークイベントが3月24日、東京ビッグサイトで開催された「AnimeJapan 2019」で行われ、キャストの梶裕貴石川由依井上麻里奈神谷浩史が登場した。

本作は、諫山創氏の同名漫画を原作に、人を食らう謎の巨人と、その脅威に対抗するエレン、ミカサ、アルミンら調査兵団の戦いを描く。第3期にあたる「Season 3」は、Part.1が2018年7~10月に放送され、Part.2が4月から放送開始となる。Part.1最終回は、エンディング映像にノイズが入ったような演出が施され、終盤にはエレンとミカサがリヴァイと衝突する衝撃の場面が収録され話題を呼んだ。梶は、同映像について触れ「次の収録が、あそこで描かれた場面なのでドキドキしている。リヴァイ兵長に対して、エレンとミカサが衝突する場面」と収録を控えていることを明かす。

さらに梶は、同シーンに向けて「エレンからしたら兵長は絶対的な存在。それがなぜあのようになってしまうのか。胸倉をつかむような表現があったので……」と続け、「どの役も大切ですが、なかでもエレンとはシンクロしてしまう部分がある。僕はちょっと神谷さんの胸倉はつかめないですが(笑)」と冗談交じりに語る。「アフレコ後の食事の時は自分を切り替えないと……」と梶がこぼすと、神谷も「そうだね。『巨人』後の食事はガラ悪いもんね(笑)」と乗っかり、笑いが沸き起こっていた。

「Season3 Part.2」で大きな佳境を迎える本シリーズ。神谷は「年数を重ね、スタッフさん、キャストとの信頼関係ができあがってきて。きっとこの人たちと一緒だったら、自分が思ってもないようなところにたどり着けるに違いないと思うようになった」と深い信頼を寄せ、井上も「ここにたどり着くまでにたくさんの方が支えてくださって、だからこそ大丈夫だと思うことできました」と感謝。石川は、「すばらしいスタッフの皆さま、そしてキャストの皆さんと演じられるのは毎回刺激的。『もっとがんばらなきゃ』という思いでやってきました」と感慨深げに振り返る。

共演陣の思いを受け、梶は「皆さんの挨拶を聞いていて、本当になんて素敵な作品の主演にさせていただいているんだろうとうれしくなりましたし、気合が入りました。最高の環境でお芝居をさせていただいております」と胸を張った。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報