篠原涼子、「今日も嫌がらせ弁当」撮影地の八丈島にサプライズ登場! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年3月25日 > 篠原涼子、「今日も嫌がらせ弁当」撮影地の八丈島にサプライズ登場!
メニュー

篠原涼子、「今日も嫌がらせ弁当」撮影地の八丈島にサプライズ登場!

2019年3月25日 18:00

島民約400人に迎えられた篠原涼子、 塚本連平監督、Kaori氏「今日も嫌がらせ弁当」

島民約400人に迎えられた篠原涼子、
塚本連平監督、Kaori氏
(C)2019「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の篠原涼子が3月23日、主演作「今日も嫌がらせ弁当」の撮影地である八丈島にある多目的ホールおじゃれで行われた特別試写会にサプライズ登場した。メガホンをとった塚本連平監督、原作者のKaori(ttkk)氏とともに登壇し、撮影に協力し招待された島民約400人から歓声が沸き起こるなか、「撮影の時に八丈島は随分満喫させていただきましたが、今回も島に到着してから早速おいしいお食事や島の名産の明日葉をたくさん食べました。本当にいい町だなという印象だったので、この映画も本当にいい作品になっています。皆さんに是非見ていただきたいです!」と、久しぶりの帰還に喜びを爆発させた。

Amebaブログのデイリー総合ランキングで1位に輝いた「ttkkの嫌がらせのためだけのお弁当ブログ」をもとに書かれた、累計20万部を突破した人気エッセイを映画化。八丈島を舞台に、シングルマザーの持丸かおり(篠原)と、反抗期を迎えた高校生の娘・双葉(芳根京子)の間に勃発した、お弁当をめぐる親子バトルを描く。

本作の初めての観客となった島の人々を前に、塚本監督は「4年前に東京の本屋でKaoriさんの書かれた本を立ち読みし、声を出して笑いました。どうしても映画にしたいと思い、それから3年経って去年撮影ができ、それから1年。今日やっと皆様の前で上映することができます。撮影の際はご協力いただき、ありがとうございました!」と感謝を伝える。Kaori氏は「自分のブログが映画になるなんて想像していなかった。すべてがびっくりで、娘たちからは、『かおり役が篠原さんなんて有り得ない!』と言われました(笑)」といい、自ら撮影現場におもむき、劇中に登場するアイデア満載のお弁当作りを手伝っていたという裏話も明かした。


画像2

[拡大画像]

さらに塚本監督は「篠原さんの人間としての面白い部分と、あたたかい部分がこの役にぴったりで、この役は篠原さん以外考えつかなかったです」とオファーの経緯を語る。さらに、「篠原さんの娘役の芳根京子さんはいろいろな感情の表現がとても上手かったし、佐藤隆太さんは初めてご一緒しましたが、人柄が芝居に出ていて演技もとても良かった」と語り、芳根の幼馴染役を演じた佐藤寛太を「すごく変な役なのですが、あんな変な役を真面目に出来る人はいない!」と絶賛し、キャスト陣の熱演をアピールした。

この日は、八丈島で行われる「フリージアまつり」にちなみ、塚本監督にフリージアの花束が贈呈された。「今日も嫌がらせ弁当」は、6月28日から全国で公開される。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ワイルドライフの評論 ワイルドライフ 14歳の少年の多感が画面から溢れ出る。初監督作とは思えない驚きのクオリティ!
  • ピアッシングの評論 ピアッシング 異常心理、猟奇、ユーモアを斬新なアートワークでくるんだナイトメア映画
  • X-MEN:ダーク・フェニックスの評論 X-MEN:ダーク・フェニックス 現体制最後のX-MENは、旧シリーズの一大事件を踏襲し、テーマの原点へと帰着する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報