久間田琳加、無口な殺人鬼“ブギーマン”に思わず「何かしゃべってよ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年3月20日 > 久間田琳加、無口な殺人鬼“ブギーマン”に思わず「何かしゃべってよ」
メニュー

久間田琳加、無口な殺人鬼“ブギーマン”に思わず「何かしゃべってよ」

2019年3月20日 23:20

ブギーマンと並んで仲良く手を振る久間田琳加「ハロウィン」

ブギーマンと並んで仲良く手を振る久間田琳加
[拡大画像]

[映画.com ニュース] モデルで女優の久間田琳加が3月20日、都内で行われた米映画「ハロウィン」の公開記念イベントに出席した。開口一番「激ヤバです!」と本作が描く恐怖を振り返り、主人公である無口な殺人鬼“ブギーマン”については「威圧感があるし、急に出てくる驚きが本当に怖かったです。何もしゃべらないから『何かしゃべってよ』って思います」と話していた。

また、「いざとなると、声が出せなくなってしまう」とも語る久間田のもとに、突然、ブギーマンが乱入するサプライズも。これには、久間田も思わず絶叫し前言撤回。写真撮影では、2人並んで仲良く手を振る場面もあった。

ジョン・カーペンター監督による名作ホラー「ハロウィン」(1978)の40年後を描いた続編。40年前のハロウィンに起きた凄惨な殺人事件の犯人、ブギーマンことマイケル・マイヤーズがハロウィン前夜、事故で横転した輸送車から逃げ出し、再び街に解き放たれる。カーペンターが製作総指揮のほか音楽も担当。78年版で唯一の生き残りだったローリー役のジェイミー・リー・カーティスが、同じ役で再出演している。

「最近の恐怖体験は?」と問われた久間田は、「夜、帰り道でタヌキを見た」。ただ、タヌキを見たことが恐怖体験ではなかったそうで、「その場で『あれはタヌキだよ。この季節はよく出てくるよ』と教えてくれた人が、振り向くともういなくなっていて……。住宅街だったので、近くに住む方だと思うんですが」と不思議そうな表情だった。

ハロウィン」は4月12日から全国公開。「ボストンストロング ダメな僕だから英雄になれた」のデビッド・ゴードン・グリーンがメガホンをとった。R15+指定。

(映画.com速報)
ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~[DVD] ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~[DVD] 最安価格: ¥3,068 2013年のボストンマラソン爆弾テロ事件で両脚を失う被害を受けた実在の人物ジェフ・ボーマンの実話を映画化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報