「運び屋」イーストウッドの名セリフ&人生観を凝縮!特別映像が公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年3月8日 > 「運び屋」イーストウッドの名セリフ&人生観を凝縮!特別映像が公開
メニュー

「運び屋」イーストウッドの名セリフ&人生観を凝縮!特別映像が公開

2019年3月8日 12:00

現在88歳のクリント・イーストウッド「運び屋」

現在88歳のクリント・イーストウッド
(C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI)
LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT
INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
[拡大画像]

[映画.com ニュース] クリント・イーストウッドが監督・主演を務める「運び屋」(公開中)の特別映像が公開された。劇中の印象的なセリフの数々や、撮影の模様が収められている。

実話を基にした本作でイーストウッドが演じたのは、一度に最大13億円相当のドラッグを運んだとされる“伝説の運び屋”。仕事一筋で家庭をないがしろにし、事業の失敗で家財を失ってしまった孤独な老人アール・ストーン(イーストウッド)。車の運転さえすればいいという仕事を引き受けるが、その実は巨大麻薬組織の運び屋だった。

特別映像は、イーストウッドによる「興味をそそられる物語に、出会うことがある」という一言から始まる。常に自分が演じるべき役柄、監督するに値する物語を探し続けているイーストウッドは、ニューヨークタイムズの記事を基にしたニック・シェンクの脚本を読み、この物語に惚れ込んだ。「これは私の以前の作品とは全然違っていた」と、90歳の運び屋をめぐる前代未聞の実話を映画化した。

イーストウッドが演じたアールは、家族よりも仕事や他人との関係を優先してきたことで、家族に愛想をつかされてしまった男。「自分の家より、他人の問題を片づけるほうが大事だと思っていた」「大きな代償を払って、やっと家族が大事だと気づいた」と反省するアールの姿が映し出される。

共演者の姿も収められ、「アメリカン・スナイパー」以来イーストウッドと2度目のタッグを組んだブラッドリー・クーパーは「クリント(・イーストウッド)が役に入り込む姿に感動したよ」と興奮気味に語る。巨大麻薬組織の大ボスを演じたアンディ・ガルシアも「クリントは、俳優の夢だよ」とイーストウッドとの初仕事に喜びを隠せない。

最後には、イーストウッド自身の言葉で「頭でなく心の声を聞くことだ。そしてキャラクターの感情を観客に届ける」と作品作りのこだわりを明かす。「人生には、越えるべき障害がある。彼(アール)は限界を超えてしまったんだ」と意味ありげな言葉を残し、本編の展開に含みをもたせた。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報