竹内まりや、「ダンボ」日本版エンドソング担当!山下達郎もコーラスで参加

2019年3月6日 04:00

歌詞の翻訳監修も手がけた
歌詞の翻訳監修も手がけた

[映画.com ニュース] シンガーソングライターの竹内まりやが、ディズニーの名作アニメを実写化した「ダンボ」の日本版エンドソング「ベイビー・マイン」を歌うことがわかり、ミュージックビデオが公開された。自ら歌詞の翻訳監修も手がけるほか、竹内のパートナーである歌手・山下達郎がバッキングコーラスとして参加している。

アニメーション版「ダンボ」の劇中歌である「ベイビー・マイン」は、母親象のジャンボが、“大きすぎる耳”を持つ子象ダンボへの愛情を美しいメロディにのせて歌った珠玉のバラード。第14回アカデミー賞では歌曲賞にノミネートされ、これまでも多くのアーティストがカバーしてきた。

今回の起用について、竹内は「娘が幼い頃大好きだった『ダンボ』のビデオを一緒に見るたびに、『Baby Mine』の歌のシーンでいつも涙したものです。まさか30年後に、この曲を私が歌う日が来ようとは! 懐かしいあの時代を思い出しながら、心を込めて歌わせていただきました」と、自身にとって思い入れのある曲であることを告白する。

竹内は歌詞の翻訳監修も手がけ、メガホンをとったティム・バートン監督が本作に込めた「あなたはそのままでも輝いている、決して一人じゃない」というメッセージを、優しく温かい言葉でつづっている。

ダンボ」は3月29日から全国公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース