P・ファレリー監督、アカデミー賞戴冠直後の初来日に日本語で「ありがとう」連呼 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年3月3日 > P・ファレリー監督、アカデミー賞戴冠直後の初来日に日本語で「ありがとう」連呼
メニュー

P・ファレリー監督、アカデミー賞戴冠直後の初来日に日本語で「ありがとう」連呼

2019年3月3日 21:00

ピーター・ファレリー監督と松下奈緒「グリーンブック」

ピーター・ファレリー監督と松下奈緒
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第91回アカデミー賞で作品賞など3部門で受賞した「グリーンブック」のピーター・ファレリー監督が3月3日、初来日し、公開中のTOHOシネマズ日比谷で舞台挨拶を行った。

満場のファンの拍手と歓声に迎えられたファレリー監督は、「ありがとう」と日本語で連呼。その数は計10回に上り、「今まではコメディ映画ばかりで賞に絡むことがなかった。自分にとってサプライズの連続で、この作品がどこまでいくのか想像もつかない。言葉で表現できないくらいうれしい」と喜んだ。

来日経験のある弟のボビー・ファレリー監督からは、「食べ物がめちゃくちゃおいしいから、食べ尽くしてこいと言われた。日本のウィスキーも薦められた」そうで、楽しみな様子。「とにかく大好きな国。魅力的で安全で、美しく洗練されている国だから興奮している」と親日家ぶりをアピールした。

1960年代、イタリア系用心棒と黒人ピアニストの友情を描く、実話を基にした物語。女優でピアニストの松下奈緒が祝福に駆け付け、花束と自身も愛用している京都の老舗「市原平兵衛商店」の箸(はし)のセットをプレゼントした。

松下は、「面白くて楽しくて、2人のやり取りがほほ笑ましくくぎ付けになりました。ラストはまさかというお話で、またあの2人に会いたくなりました」と絶賛。ファレリー監督も我が意を得たりの表情で「あのエンディングがあるから、この作品を撮りたいと思ったんだ。希望を感じさせるラストだろう」と応じた。

観客とのコール&レスポンスでは、自らタイトルを言う役割を担ったが、リハーサルで「Shoplifters」と「万引き家族」の英題を叫び「あの映画、大好きなんだよ」とコメディ監督の本領を発揮。松下も、「監督自身も楽しい方なんですね」と笑顔をはじけさせた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報