大杉漣さん、「ゴクドルズ」が最後の映画現場だった 共演の岡本夏美が思い出語る

2019年2月9日 14:50

若手キャストがずらり勢ぞろい
若手キャストがずらり勢ぞろい

[映画.com ニュース] ジャスミン・ギュ氏の人気漫画を実写映画化した「BACK STREET GIRLS ゴクドルズ」の公開記念舞台挨拶が2月9日、東京・新宿バルト9で行われ、白洲迅花沢将人柾木玲弥岡本夏美松田るか坂ノ上茜菅谷哲也桜田通原桂之介監督が登壇した。

恩義のある組に忠誠を誓うヤクザ3人組の健太郎、リョウ、和彦(白洲、花沢、柾木)は、ある事件の不始末を理由に、組長命令で性転換&全身整形。3人組アイドル“ゴクドルズ”のアイリ、マリ、チカ(岡本、松田、坂ノ上)として大ブレイクしてしまい、葛藤することに……。2月8日に全国21スクリーンで封切られた。

性転換前のヤクザを演じる白洲は「ふたりの役者が同一人物を演じるのは、なかなかないこと。しかも、女優さんが元男性、しかもアイドルを演じるのはハードルが高かったはず」と女性キャストの奮闘を称賛。一方、岡本は「白洲さんの仕草を動画に撮って、研究しました。白洲さん、お酒を飲むとき、手首をかえしてグラスを持つんですよ」と役作りの苦労を明かしていた。

本作には昨年2月に亡くなった俳優の大杉漣さんが出演。岡本演じるアイリが通う小料理屋の店主を演じており、関係者によると最後の映画現場だったという。2度目の共演を果たした岡本は「(現場で)大杉さんからいただく言葉が、セリフなんですけど、私自身に入ってきて、号泣することも。楽屋で一緒にお写真を撮らせていただき、大杉さんも『夏美と撮るの初めてだね』ってチャーミングな笑顔で快く応じてくださった」としみじみ。「映画にも大杉さんの温かさがそのまま映っていますし、出演していただき、一緒にお芝居させていただき、光栄です」と感謝を示していた。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
映画『Back Street Girls-ゴクドルズ-』
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース