史上最年少、22歳でサンセバスチャン受賞 奥山大史監督作「僕はイエス様が嫌い」初夏公開

2019年2月9日 09:00

奥山大史監督が大学在学中に手掛けた長編デビュー作
奥山大史監督が大学在学中に手掛けた長編デビュー作

[映画.com ニュース]新鋭・奥山大史監督が、スペインの第66回サンセバスチャン国際映画祭で最優秀新人監督賞に輝いた注目作「僕はイエス様が嫌い」が、初夏に公開されることがわかった。青山学院大学在学中に製作し、受賞時は22歳だった奥山監督は、史上最年少での受賞という快挙を成し遂げた。ミッション系の小学校を舞台に、少年と小さな“イエス様”をめぐる不思議な物語を紡ぐ。

大竹しのぶ主演の短編映画「Tokyo 2001/10/21 22:32-22:41」を手掛けた奥山監督の長編デビュー作。低予算ながらも、子どもたちの自然な演技を導き出した演出、的確に対象をとらえるカメラワークが評価され、世界三大映画祭に続き権威があるとされるサンセバスチャン国際映画祭に加え、第29回ストックホルム国際映画祭の最優秀撮影賞、第3回マカオ国際映画祭のスペシャル・メンションなど受賞を重ねた。既にフランス、スペイン、韓国での公開が決定しており、注目度の高さがうかがえる。

祖母と一緒に暮らすため、東京から雪深い地方にあるミッション系の小学校へ転校することになった少年ユラ。日々の礼拝に戸惑うユラの前に、ある日小さなイエス様が出現。ユラは、願い事を必ず叶えてくれる、他の人には見えないイエス様の力を信じるようになるが、やがて大きな試練が降りかかる。

本作を鑑賞した是枝裕和監督は、「新しいけど、懐かしい。重いけど、軽やか。切なくて、面白くて……そして、やっぱり面白い」と絶賛。俳優、映画監督としても活躍する斎藤工は「惚れ惚れする程チャーミングな作品」と表現し、「奥山監督がユーモラスかつ実直に織りなす本作の世界観に邦画の新時代の幕開けを感じました」とコメントを寄せている。

僕はイエス様が嫌い」には、ユラ役の佐藤結良くん、イエス役のチャド・マレーンらが出演。初夏から東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

(C)2019 閉会宣言

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース