米映画編集協会が選ぶACEエディ賞に「ボヘミアン・ラプソディ」「女王陛下のお気に入り」

2019年2月6日 17:00

長編映画ドラマ部門を受賞
長編映画ドラマ部門を受賞

[映画.com ニュース] 米映画編集者協会(ACE)所属会員が選ぶ第69回ACEエディ賞の授賞式が2月1日(現地時間)、米ロサンゼルスで開催された。

長編映画ドラマ部門は「ボヘミアン・ラプソディ」のジョン・オットマン、長編映画コメディ部門は「女王陛下のお気に入り」のヨルゴス・モブロプサリディスが受賞。ちなみに、両作品ともアカデミー賞編集賞にノミネートされている。

長編アニメーション映画部門は「スパイダーマン スパイダーバース」のロバート・フィッシャー・Jr.、長編ドキュメンタリー部門(劇場公開作品)は「Free Solo(原題)」のボブ・アイゼンハートが受賞。

また、テレビ部門では、コメディシリーズ(民放/その他)で「アトランタ」と「マーベラス・ミセス・メイゼル」、ドラマシリーズ(民放/その他)で「キリング・イヴ Killing Eve」と「ボディガード 守るべきもの」、テレビ映画・ミニシリーズで「Escape at Dannemora」が受賞した。

ACEエディ賞は、米俳優組合所属会員が選ぶSAG賞、米製作者組合会員が選ぶPGA賞、米監督協会組合員が選ぶDGA賞と同様、選考員の多くが映画芸術科学アカデミーの会員を兼任しているため、アカデミー賞の行方を占ううえで重要な賞として知られている。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース