柄本明、愛妻・角替和枝さんとの別れに涙「不条理な感じは否めません」

2019年1月31日 04:00

祭壇はカーネーションやバラなど 4000本の花で彩られた
祭壇はカーネーションやバラなど 4000本の花で彩られた

[映画.com ニュース] 俳優の柄本明の妻で、昨年10月27日に原発不明がんのため亡くなった女優の角替和枝さん(享年64)のお別れの会が1月30日、東京・北沢タウンホールで営まれ、笹野高史大竹しのぶ浅野忠信ら関係者約350人が参列。柄本と長男の佑、次男の時生、佑の義母の安藤和津ら親族とともに最後の別れを告げた。

会場は夫妻が40年以上暮らした下北沢。角替さんの死去後、沈黙を保っていた柄本は「とにかく何もせず、家族だけでとずっと思っていた。でも、仕事場や特に近所の方が『何かやるの?』と言ってくださって、開催することにしました」と説明した。

柄本によれば、角替さんは2017年8月に受けた人間ドックで「ある数値が上がったので調べたらがんが見つかり、その時点でステージ4だった」という。「それから1年2カ月、和枝ちゃんはもちろん家族で病気と闘った。とにかく残念ですね。64(歳)でしたから。もっと若くして亡くなっている方はいて、寿命だったと考えたいと思っていますが、不条理な感じは否めません」と声を落とした。

2人の出会いは柄本が21、22歳の頃で「皆さんがかわいいと言ってくれてありがたいですが、僕が一目ぼれですから一番かわいいと思っていた」とのろけも。1981年に結婚。俳優の2人を含め3人の子どもに恵まれ、「親が言うのもなんですが、本当に思いやりのあるいい子どもたちです」と涙で声を詰まらせた。

近所の喫茶店に毎朝のように出かけ、「芝居のことやいろんな話をした。多い時は2時間くらいしゃべっていた。本当に仕事以外はずっと一緒にいたので、やり残したという感じはない」と気丈。それでも、「今、その喫茶店に行けないんですよ。いろんなことを思い出しちゃって」と悲しみの深さをうかがわせた。

「いい人でした。とても正直でその上にバカがつくというか天然というか。いい人でした。まだ覚めない夢の中にいるようで、フワフワしています」としのんだ柄本。そして、「僕たちには芝居があります。この悲しみ、というのとも違うかなあ。寂しさ、不条理を糧に生きていくと思う。幸せな人生だったと思います」と愛妻を称えた。

角替さんの祭壇は「明るく送り出したい」というイメージで、カーネーションやバラなど4000本の花で彩られた。遺影は数年前に夫妻で近所を散歩していた際に、すれ違った写真家の浅井慎平氏が撮影した笑顔の1枚。本人のお気に入りで、自宅に飾ってあったスナップだった。また、会場ロビーには出演した舞台やドラマの写真、衣装、台本、柄本との結婚式などのプライベート写真が飾られた。

《主な参列者》國村隼笹野高史大竹しのぶ大森一樹小野武彦荒井晴彦吹越満永島敏行矢口史靖松金よね子佐野史郎徳井優村田雄浩廣木隆一松岡錠司岡本麗浅野忠信利重剛ベンガル高田純次英勉佐々木すみ江手塚とおる石橋蓮司石丸謙二郎渡辺真起子李相日渡辺いっけい磯村一路成島出(順不同、敬称略)

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース