「メイドインアビス」新作劇場版のタイトルは「深き魂の黎明」に決定

2019年1月28日 15:30

ティザービジュアルも公開
ティザービジュアルも公開

[映画.com ニュース] テレビアニメ「メイドインアビス」の新作エピソードのタイトルが、「劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明」に決定した。あわせて、“黎明卿”の異名を持つボンドルドが描かれたティザービジュアルも公開されている。

「メイドインアビス」は、竹書房の「WEBコミックガンマ」で連載されている、つくしあきひと氏によるファンタジー漫画が原作。隅々まで探索されつくした世界に唯一残された大穴「アビス」には、奇怪な生物が生息し、今の人類では作りえない貴重な遺物が眠っていた。母親のような探窟家になることを夢見る探窟家見習い・リコは、ある日、記憶喪失のロボット・レグを拾い、ともにアビスの底へと迫っていく。テレビアニメ版は2017年7~9月まで放送され、劇場版総集編の前編「旅立ちの夜明け」が東京・EJアニメシアター新宿ほかで上映中。1月18日からは後編「放浪する黄昏」も上映中だ。

また、劇場版総集編の公開を記念して、ナナチのnanacoカード付きオルゴールの販売も決定した。オルゴールには、テレビアニメ版のエンディング主題歌「旅の左手、最果ての右手」が収録されており、価格は5400円(税込み)。2月6日までイトーヨーカドーのネット通販サイトで予約を受け付け、5月4日に販売予定となっている。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース