渋谷円山町にインディ映画を上映するワンコインシアター「CINEMA9」がオープン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年1月13日 > 渋谷円山町にインディ映画を上映するワンコインシアター「CINEMA9」がオープン
メニュー

渋谷円山町にインディ映画を上映するワンコインシアター「CINEMA9」がオープン

2019年1月13日 17:00

「CINEMA9」ロゴ「飢えたライオン」

「CINEMA9」ロゴ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 東京渋谷の円山町にあるトークライブハウス「LOFT9 Shibuya」に、インディーズ映画を特集上映する「CINEMA9」が、1月28日からオープンする。第1弾企画として、「インディーズ・シアター“ワンコイン”」を開催。500円でジャンルや上映時間を問わず、長編から短編までを週替わりで上映する。

2018年は、上田慎一郎監督の「カメラを止めるな!」が興収30億円を突破し、日本映画界の最大級のニュースとなったが、他にも「カランコエの花」「赤色彗星倶楽部」「飢えたライオン」など、様々なジャンルのインディーズ映画が劇場公開され、多くの観客を集めた。

「LOFT9 Shibuya」は2016年夏のオープン以来、積極的にインディーズ映画のイベントを実施してきたが、さらにインディーズ映画を盛り上げるべく、平日昼間の時間帯、カフェ奥のイベントスペースに「CINEMA9」を開設する。座席数は40~65席。プロデューサーは映画活動家で放送作家の松崎まこと氏。プログラマーは神原健太朗氏、大久保渉氏らが務める。

プレオープン上映作品(~2月1日)は、第12回田辺・弁慶映画祭で特別上映された芋生悠主演「ヒロイン」(松崎まこと監督)。2週間休映し、2月18日から上村奈帆監督「蒼のざらざら」、横川寛人監督「の・622」、大久保愉伊監督「ちかくてとおい」が順次上映予定となっている。

(映画.com速報)
カメラを止めるな! DVD[DVD] カメラを止めるな! DVD[DVD] 最安価格: ¥3,253 映画専門学校「ENBUゼミナール」のワークショップ「シネマプロジェクト」の第7弾として製作された作品で、前半と後半で大きく赴きが異なる異色の構成や緻密な脚本、30分以上に及ぶ長回しなど、さまざまな挑戦に満ちた野心作。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi