大泉洋、打倒「ボヘミアン・ラプソディ」を宣言 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年1月8日 > 大泉洋、打倒「ボヘミアン・ラプソディ」を宣言
メニュー

大泉洋、打倒「ボヘミアン・ラプソディ」を宣言

2019年1月8日 05:00

舞台挨拶に立った大泉洋「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」

舞台挨拶に立った大泉洋
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の大泉洋が1月7日、主演映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」の大ヒット記念舞台挨拶を、都内で行った。

難病の筋ジストロフィーを患いながらも病院を飛び出し、大勢のボランティアに支えられながらも風変わりな自立生活を送った故鹿野靖明さんの実話をもとに描き出した本作。紋付き羽織袴姿で登場した大泉は、「年末年始は休んじゃったもんだから、しゃべりたくてしょうがない」と宣言し、会場は拍手を交えた大喝さい。「家族といてもボヤけるわけでもないし、ツッコむわけでもない。家族の前では面白いことは何も言わないですよ。実家に帰ってもワーキャー言われるわけでもないし。だからワーキャー言われるのはいいなあ」としみじみ語ると、客席は大歓声。「まるで催促したみたいじゃないですか」と言いながらも、まんざらでもない様子だった。

昨年12月28日に初日を迎え、1月6日までの10日間で観客動員45万人、興行収入5億5900万円を記録した本作は、2週目の週末は前週比110%の興収を記録。大泉も「仕事始めがこのようなめでたい席で。映画も評判が良くて良くて。お客さんもどんどん増えてると。公開よりも右肩で上がっているというのは珍しいパターンで。この映画か『ボヘミアン・ラプソディ』かというね。あの映画のようにどーんと行くといいですね」とご機嫌だ。

安倍晋三首相も鑑賞したようで、これには大泉もビックリした様子。「友人からも連絡がありましたよ。しかもハッシュタグに『大泉洋大好き』と書いてあった。これを打ってくれたということですよね。すごいですね。ありがたい話ですよ」としみじみ。さらに、「右肩上がりでお客さんに来てもらえる映画というのは、皆さんの口コミのおかげだなと思っています。筋ジストロフィーという難病を扱った映画ですが、いい意味で裏切られる、非常に笑える明るい映画です。この映画が、筋ジストロフィーや他の病で苦しんでいる人の何かの助けになるといいなと思っています。目指せ、『ボヘミアン・ラプソディ』ということで」とメッセージを送った。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ワイルドライフの評論 ワイルドライフ 14歳の少年の多感が画面から溢れ出る。初監督作とは思えない驚きのクオリティ!
  • ピアッシングの評論 ピアッシング 異常心理、猟奇、ユーモアを斬新なアートワークでくるんだナイトメア映画
  • X-MEN:ダーク・フェニックスの評論 X-MEN:ダーク・フェニックス 現体制最後のX-MENは、旧シリーズの一大事件を踏襲し、テーマの原点へと帰着する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報