IndieWireが選ぶ女優の演技が光る2018年映画ベスト16 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年12月31日 > IndieWireが選ぶ女優の演技が光る2018年映画ベスト16
メニュー

IndieWireが選ぶ女優の演技が光る2018年映画ベスト16

2018年12月31日 12:00

「女王陛下のお気に入り」の一場面「妻たちの落とし前」

「女王陛下のお気に入り」の一場面
(C)2018 Twentieth Century Fox
[拡大画像]

[映画.com ニュース]#MeTooや#Times Upなどの男女格差是正に向けた社会運動がハリウッドを席巻した2018年を象徴的に振り返るべく、米IndieWireが、「女優の演技が光る映画ベスト16」と題したリストを発表した。

Indie Wireは、レイチェル・ワイズエマ・ストーンオリビア・コールマンの豪華キャストがスリリングな演技合戦を繰り広げる「女王陛下のお気に入り」を筆頭に、インディペンデント映画の常連から期待の新人、実力派として定評のあるベテランまで、多彩な女優陣の活躍が例年にも増して目立つ1年だったと指摘したうえで、今年の賞レースをけん引する「女王陛下のお気に入り」と「ROMA ローマ」の2作品からは、オスカー女優2人に引けをとらない存在感を見せつけるコールマンと、演技未経験ながら演技であることを忘れさせるほどリアルに主人公の家政婦役を演じきったヤリッツァ・アパリシオを特筆している。

その他、レジーナ・キングがベテランならではといったいぶし銀の演技を披露する「ビール・ストリートの恋人たち」、プロの歌手を夢見るウェイトレスがスターダムへの階段を駆け上がっていくさまを、人気歌手レディー・ガガが自身のキャリアと重ねて演じ上げる「アリー スター誕生」など、本年度ゴールデングローブ賞ノミネート作品に交じり、全米で驚異的な大ヒットを記録した「クレイジー・リッチ!」、「君の名前で僕を呼んで」のルカ・グァダニーノ監督が傑作ホラーをリメイクした「サスペリア」といった娯楽映画がランクインしているのも興味深い。

IndieWireが選んだ2018年の「女優の演技が光る」映画ベスト16は以下の通り。(カッコ内は各作品で最も光る演技を魅せた女優)

1.「女王陛下のお気に入り」(オリビア・コールマン
2.「Madeline's Madeline(原題)」(ヘレナ・ハワード)
3.「ヘレディタリー 継承」(トニ・コレット
4.「ROMA ローマ」(ヤリッツァ・アパリシオ
5.「アリー スター誕生」(レディー・ガガ
6.「Eighth Grade(原題)」(エルシー・フィッシャー
7.「サスペリア」(ティルダ・スウィントン
8.「妻たちの落とし前」(エリザベス・デビッキ
9.「Vox Lux(原題)」(ナタリー・ポートマン
10.「クレイジー・リッチ!」(ミシェル・ヨー
11.「Wildlife(原題)」(キャリー・マリガン
12.「プライベート・ライフ」(キャスリン・ハーン
13.「ビール・ストリートの恋人たち」(レジーナ・キング
14.「Cold War(原題)」(ヨアンナ・クーリグ
15.「ア・プライベート・ウォー(原題)」(ロザムンド・パイク
16.「Can You Ever Forgive Me?(原題)」(メリッサ・マッカーシー

(映画.com速報)
君の名前で僕を呼んで[Blu-ray/ブルーレイ] 君の名前で僕を呼んで[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,879 1980年代のイタリアを舞台に、17歳と24歳の青年が織りなすひと夏の情熱的な恋の行方を、美しい風景とともに描いたラブストーリー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報