映画版「バトルスター・ギャラクティカ」に「蜘蛛の巣を払う女」脚本家 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年12月27日 > 映画版「バトルスター・ギャラクティカ」に「蜘蛛の巣を払う女」脚本家
メニュー

映画版「バトルスター・ギャラクティカ」に「蜘蛛の巣を払う女」脚本家

2018年12月27日 07:00

「蜘蛛の巣を払う女」のジェイ・バスが起用「蜘蛛の巣を払う女」

「蜘蛛の巣を払う女」のジェイ・バスが起用
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ユニバーサル・ピクチャーズの映画版「バトルスター・ギャラクティカ」の脚本家として、「蜘蛛の巣を払う女」のジェイ・バスが起用された。

本作は、1978年に放送されたテレビシリーズ「宇宙空母ギャラクティカ」の映画化で、機械人間サイロンの奇襲攻撃を生き延びたわずかな人類が、宇宙空母ギャラクティカ率いる船団で安住の地を探すという物語。2003年に「バトルスター・ギャラクティカ」としてリブートされたテレビドラマが大ヒットを記録したことから、ユニバーサルは数年前から映画化の準備を進めてきた。

米ハリウッド・レポーターによれば、映画版は「ハンガー・ゲーム」シリーズのフランシス・ローレンスが監督を務める。ドラマ「ウエストワールド」のリサ・ジョイが執筆した草稿を、バスがリライトする。

バスが共同執筆した「蜘蛛の巣を払う女」は、世界的ベストセラー小説「ミレニアム」シリーズの第4作を映画化したサスペンス。デビッド・フィンチャー監督&ルーニー・マーラ主演でシリーズ第1作を映画化した「ドラゴン・タトゥーの女」に続く物語となり、主人公リスベット役をドラマ「ザ・クラウン」のクレア・フォイが演じ、監督を「ドント・ブリーズ」で注目されたフェデ・アルバレスが務めている。2019年1月11日から日本公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • サスペリアの評論 サスペリア オリジナルを大きく越境したそれは、新たな“魔”の寓話を奏でる
  • フロントランナーの評論 フロントランナー 政治報道がワイドショー化する劇的な瞬間。マスコミと政治家、ゲスはどっちだ!?
  • ともしびの評論 ともしび ランプリングの、歳を重ねていっそう胸に迫る凍てつく眼差しの厳しい美
映画評論の一覧を見る
Jobnavi