「万引き家族」アカデミー賞外国語映画賞最終候補入り : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年12月18日 > 「万引き家族」アカデミー賞外国語映画賞最終候補入り
メニュー

「万引き家族」アカデミー賞外国語映画賞最終候補入り

2018年12月18日 17:15

最終ノミネート候補9本に「万引き家族」

最終ノミネート候補9本に
(C)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アカデミー賞外国語映画部門に日本代表としてエントリーしている「万引き家族」(是枝裕和監督)が、ノミネートの最終候補に入ったことが明らかになった。

外国語映画賞部門のノミネート5作品を選出するため、同賞を主催する映画芸術科学アカデミー(AMPAS)は2段階の選考を行っている。第1段階はAMPAS会員によって構成される一般委員会(General Committee)によって選出された6作品に、上級委員会(Executive Committee)が3作を追加し、計9本が最終ノミネート候補となる。

このたび選出されたのは以下の9作品。

夏の鳥」(コロンビア)
THE GUILTY ギルティ」(デンマーク)
Never Look Away」(ドイツ)
万引き家族」(日本)
アイカ(原題)」(カザフスタン)
Capernaum」(レバノン)
Roma ローマ」(メキシコ)
Cold War」(ポーランド)
バーニング 劇場版」(韓国)

今後は、全9作品を鑑賞AMPAS会員の投票により、ノミネート5作品が選出されることになる。アカデミー賞ノミネート発表は、2019年1月22日に行われる。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ワイルドライフの評論 ワイルドライフ 14歳の少年の多感が画面から溢れ出る。初監督作とは思えない驚きのクオリティ!
  • ピアッシングの評論 ピアッシング 異常心理、猟奇、ユーモアを斬新なアートワークでくるんだナイトメア映画
  • X-MEN:ダーク・フェニックスの評論 X-MEN:ダーク・フェニックス 現体制最後のX-MENは、旧シリーズの一大事件を踏襲し、テーマの原点へと帰着する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報