佐藤二朗、岡田准一主演「ザ・ファブル」に出演!“そっくり”な社長・田高田役で大暴れ? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年12月10日 > 佐藤二朗、岡田准一主演「ザ・ファブル」に出演!“そっくり”な社長・田高田役で大暴れ?
メニュー

佐藤二朗、岡田准一主演「ザ・ファブル」に出演!“そっくり”な社長・田高田役で大暴れ?

2018年12月10日 11:00

コミカルな人気キャラに扮する佐藤二朗「ザ・ファブル」

コミカルな人気キャラに扮する佐藤二朗
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 南勝久氏による人気漫画を岡田准一主演で実写化する「ザ・ファブル」に、佐藤二朗が出演していることがわかった。佐藤は主人公・アキラ(岡田)がアルバイトする、デザイン会社の社長・田高田役。演じるにあたり、「『酒好きのオヤジ』というところは、リンクどころか全く僕と同じです(笑)」とコメントを寄せている。

「今、一番面白い」と呼び声高い漫画を、木村文乃山本美月福士蒼汰柳楽優弥向井理安田顕佐藤浩市ら豪華共演で実写化。裏社会で「天才的な殺し屋」として暗躍し、“寓話”を意味する英語「ファブル」のあだ名で恐れられる主人公が、「1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人として普通の生活を送る。殺しは禁止」というミッションに挑む様子を、コミカルかつシリアスに描く。

福田雄一監督作「銀魂2 掟は破るためにこそある」「聖☆おにいさん」などで、独特の存在感を発揮し続ける佐藤が、今作でも大暴れする。主人公アキラが一般社会に溶け込むため、人生初のアルバイトを経験するデザイン会社「有限会社オクトパス」の社長・田高田(たこうだ)役。酒が大好きで面倒見がよく、社員であるミサキ(山本)の紹介を受け、素性の知れないアキラをなんとなく雇い入れる。原作でも人気の高いキャラクターだ。

佐藤は「あまりの面白さに『ちょっとすごい漫画を見つけた』と周りの人に言い回ってる矢先に、今回のお話を頂いたので、何やら運命めいたものを勝手に感じております」とオファー当時を振り返る。役どころについて「一見いい加減だけど、デザインを見る眼は確かで、社員に対する愛が深い人だと思います。そして『酒好きのオヤジ』というところはリンクどころか全く僕と同じです(笑)」といい、「岡田くん演じる佐藤アキラ(ファブル)の束の間の休息になればと思いながら演じました。他にない独特の世界観を持つ作品になると思います。ご期待を」と呼びかけている。

ザ・ファブル」は、広告界のトップを走るCMディレクター・江口カンが監督を務め、「GANTZ」「ジョーカー・ゲーム」などの渡辺雄介が脚本を執筆。2019年に全国で公開される。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ワイルドライフの評論 ワイルドライフ 14歳の少年の多感が画面から溢れ出る。初監督作とは思えない驚きのクオリティ!
  • ピアッシングの評論 ピアッシング 異常心理、猟奇、ユーモアを斬新なアートワークでくるんだナイトメア映画
  • X-MEN:ダーク・フェニックスの評論 X-MEN:ダーク・フェニックス 現体制最後のX-MENは、旧シリーズの一大事件を踏襲し、テーマの原点へと帰着する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報