マヤ・ホーク、ピーター・サースガードら新作スリラーに出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年12月4日 > マヤ・ホーク、ピーター・サースガードら新作スリラーに出演
メニュー

マヤ・ホーク、ピーター・サースガードら新作スリラーに出演

2018年12月4日 11:00

マヤ・ホーク「ゲット・アウト」

マヤ・ホーク
Evan Agostini/Invision/AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] イーサン・ホークユマ・サーマンの娘のマヤ・ホークピーター・サースガードベッティ・ガブリエル(「ゲット・アウト」)が、新作スリラー「Human Capital(原題)」に出演することがわかった。

米Deadlineによれば、本作は米作家ステファン・アミドンの同名小説を映画化する企画で、映画はオーレン・ムーバーマンが脚色し、マーク・マイヤーズが監督。リーブ・シュレイバーマリサ・トメイアレックス・ウルフの出演がすでに決定している。

原作は、不動産業を営む中流家庭のヘーゲル家と、投資で成功した上流家庭のマニング家の対比を描きながら、それぞれの子どもが交際し始めたことで引き起こる悲劇とその真相を暴いていく。2013年にイタリアで映画化された「人間の値打ち」(パオロ・ビルツィ監督)は、イタリアのアカデミー賞と呼ばれるダビッド・ディ・ドナテッロ賞で7部門を受賞した。

新作は、トルーディ・スタイラーセリーヌ・ラトレイリーブ・シュレイバーマシュー・スティルマンらがプロデュースし、ニューヨークで撮影がスタートしている。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 来るの評論 来る ホラー小説が強烈エンタメに“変身”。人間の業と闇を描き続ける中島映画の到達点
  • メアリーの総ての評論 メアリーの総て 文学映画というより青春映画。傷つき抑圧された少女が怪物の物語を生み出す
  • マチルダ 禁断の恋の評論 マチルダ 禁断の恋 帝政の理不尽に戦いを挑むマチルダは、まるでチュチュを纏ったファムファタール!
映画評論の一覧を見る
Jobnavi