「ファンタビ」「ハリポタ」の大規模展覧会に潜入!劇中衣装にジェイコブのパンも日本初上陸

2018年11月22日 12:00

魔法ワールドにようこそ!
魔法ワールドにようこそ!

[映画.com ニュース] 大ヒットファンタジーシリーズの最新作「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」の公開を記念し、「ハリー・ポッター」「ファンタスティック・ビースト」両シリーズの世界観を体感できるイベント「魔法ワールド in ラフォーレミュージアム」が、東京・ラフォーレミュージアム原宿で開催中(12月5日まで)だ。初日となる11月22日には、メディア向けの内覧会が行われた。

本作は、魔法動物学者ニュート(エディ・レッドメイン)の壮大な冒険を描く第2弾。ホグワーツ時代の恩師ダンブルドア(ジュード・ロウ)に、アメリカ合衆国魔法議会(MACUSA)の収容施設から逃亡した“黒い魔法使い”グリンデルバルド(ジョニー・デップ)の追跡を託されたニュートは、仲間や魔法動物たちとともにパリへ向かう。そこでは、グリンデルバルドが言葉巧みに賛同者を募り、勢力を広げていた。

本展示は、世界初となるファッションビルとのコラボレーション。会場に入るとニュートとハリー(ダニエル・ラドクリフ)の2人が大きく描かれた巨大ボードが迎え、まずは「ハリー・ポッター」「ファンタスティック・ビースト」のこれまでの歩みをパネル形式で振り返ることができる。こちらにはある仕掛けが施されており、特殊なアプリをダウンロードすることで、場面写真が劇中のように動き出す仕様となっている。

さらに、撮影で実際に使われたニュートやダンブルドアなどの衣装や、「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」の面々と一緒に記念撮影を行えるフォトスポット、本作で新たに登場する魔法動物たちの巨大パネルなど、見どころは盛りだくさん。ニュートの“親友”ジェイコブ(ダン・フォグラー)の作った魔法動物のパンなど、日本初上陸の展示品を楽しむことができる。

「ハリー・ポッター」「ファンタスティック・ビースト」の全作品でグラフィック・デザインを担当するデザインスタジオ「MINALIMA」のブースも設置され、ファンにとっては垂ぜんの内容となっている。物販エリアも豊富で、フィギュアやステーショナリーといったものからTシャツなど、オリジナルデザインのものも多数用意されている。

なお、ラフォーレ原宿では、館内約30ショップとコラボレーションしたオリジナル商品も発売中。魔法動物ニフラーのパーカーやスマホケース、缶バッジなどが購入することができる。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」は、11月23日から全国公開。「魔法ワールド in ラフォーレミュージアム」は、12月5日まで開催中。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース