篠原涼子、娘を演じた子役の手紙に感涙「私も幸せだった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年11月17日 > 篠原涼子、娘を演じた子役の手紙に感涙「私も幸せだった」
メニュー

篠原涼子、娘を演じた子役の手紙に感涙「私も幸せだった」

2018年11月17日 13:53

稲垣来泉ちゃんからの手紙に涙を 流す篠原涼子「人魚の眠る家」

稲垣来泉ちゃんからの手紙に涙を
流す篠原涼子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気作家・東野圭吾の同名ベストセラーを映画化した「人魚の眠る家」の公開記念舞台挨拶が11月17日、東京・丸の内ピカデリーで行われ、主演の篠原涼子西島秀俊坂口健太郎川栄李奈松坂慶子堤幸彦監督が登壇。サプライズで子役の稲垣来泉ちゃん、斎藤汰鷹くんも駆けつけた。篠原は、娘を演じた来泉ちゃんが感謝の手紙を読み上げると、感極まり「私も来泉ちゃんと一緒にお仕事できて幸せだった」と涙を流していた。

すでに離婚が決まっていた薫子(篠原)と会社経営者の夫・和昌(西島)のもとに、娘の瑞穂(来泉ちゃん)がプールで溺れ、意識不明になった知らせが届く。医師から回復の見込みがないと告げられた夫婦が下す決断は、さらなる苦悩を生み出し……。11月16日に全国326スクリーンで封切られた。

篠原は「現場の皆さん、そして東野圭吾さんの熱量が詰まったこの作品に出合えたことは、私にとって奇跡」と本作に強い思い入れ。人魚を思わせるゴールドのスパンコールドレスに身を包んで登壇し「人魚じゃないのに、出しゃばって申し訳ありません(笑)。すてきなお召し物をご用意していただき感謝ですけど」と恐縮しきりだったが、客席から「かわいい」の声が飛ぶと、「自信をもって最後まで(舞台に)立っていたい」と胸を張った。

一方、西島は来泉ちゃんが読み上げた手紙の中で「たれ目」と評され、「泣きかけたんですけど、(涙が)引っ込みました」と思わず苦笑。それでも“娘”からの手紙に感激しきりで、「いつもは自分の作品を客観的に見られないが、この映画は客観的に見て、涙が止まらなかった」と話していた。

メガホンをとった堤監督は昨夜、都内の劇場で本作を鑑賞したといい「いつもなら反省や邪念が横切るんですが、この作品はひとりの客として見ることができた」。恐る恐るネット上の評価にも目を通し「『あの堤にやられた!』って書いてあって、私は普段どう思われているんだって(笑)。でも、作風どうこうじゃなく、チームとして真摯に向き合った結果が作品に出ているのであれば」と誇らしげだった。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi