超一流ダンサーを多数起用!「くるみ割り人形」バレエシーン公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年11月13日 > 超一流ダンサーを多数起用!「くるみ割り人形」バレエシーン公開
メニュー

超一流ダンサーを多数起用!「くるみ割り人形」バレエシーン公開

2018年11月13日 17:00

不思議な世界に迷い込んだ少女 クララの冒険を描く「くるみ割り人形と秘密の王国」

不思議な世界に迷い込んだ少女
クララの冒険を描く
(C)2018 Disney Enterprises, Inc.
All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ウォルト・ディズニー最新作「くるみ割り人形と秘密の王国」の本編映像が公開された。絢爛(けんらん)なセットで撮影された、華やかなバレエシーンの一部を収めている。

本作は、ドイツの童話をモチーフに、バレエや音楽などさまざまな形で愛されてきた「くるみ割り人形」を実写化。くるみ割り人形に導かれて不思議な世界に迷い込んだ少女クララの冒険を壮大なスケールで描く。「インターステラー」などに出演してきたマッケンジー・フォイがクララを演じるほか、キーラ・ナイトレイヘレン・ミレンモーガン・フリーマンらが共演。「ギルバート・グレイプ」のラッセ・ハルストレムと、「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」のジョー・ジョンストンが監督を務める。

くるみ割り人形」の映画化にあたり、制作陣はバレエの要素を本作に取り込むことを最も重要なことと考え、黒人女性として初のプリンシパル・ダンサーとなったミスティ・コープランド、英国ロイヤル・バレエ団で史上最年少男性プリンシパルに上りつめた経歴を持ち、「オリエント急行殺人事件」「レッド・スパロー」にも出演するセルゲイ・ポルーニンが起用された。


画像2

[拡大画像]

公開された映像は、クララが劇中に登場する4つの王国のうちの1つ「お菓子の国」の統治者シュガー・プラムと一緒にバレエを観劇するシーン。撮影では、“舞台”をイメージしたアナログな装飾をあえて盛り込み、コープランドやポルーニンらのバレエがより際立つ演出が施されている。

コープランドは、ディズニーからのオファーに驚きを隠せなかったようで「スケールの大きいディズニー映画に出演できるなどとは思ってもいなかったし、私がバレエを始めたきっかけとこれまでのキャリアと深いつながりのある作品なので、まるで夢のようだわ」と当時を振り返っている。

ポルーニンは「全てがすごくカラフルだったんだ。あの中に身を置くのは、なんと表現すれば良いんだろうか。子どもがおとぎ話の世界に入ったような感じとでも言うのかな。あるいは、子どもがテーマパークに行ったような気分。色が本当に美しいんだよ。輝いていたり、暗かったり。とてもマジカル。その印象が強烈に残っているね」と、クオリティの高いセットが用意されていたことを伝える。

コープランドのバレエを目の当たりにしたナイトレイは「彼女のダンスは素晴らしかったわ」と絶賛。「このシーン全体を撮影するのに1日12時間ほど3、4日間くらいかけていて、その中で彼女らは踊っていたの。彼女は足のあちこちに氷のうをつけていたわ。体力、忍耐力が本当にすごかった」と舞台裏を明かした。

くるみ割り人形と秘密の王国」は11月30日から全国公開。

(映画.com速報)
インターステラー[Blu-ray/ブルーレイ] インターステラー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥964 人類の滅亡が迫る近未来を舞台に、家族や人類の未来を守るため、未知の宇宙へと旅立っていく元エンジニアの男の姿を描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ワイルドライフの評論 ワイルドライフ 14歳の少年の多感が画面から溢れ出る。初監督作とは思えない驚きのクオリティ!
  • ピアッシングの評論 ピアッシング 異常心理、猟奇、ユーモアを斬新なアートワークでくるんだナイトメア映画
  • X-MEN:ダーク・フェニックスの評論 X-MEN:ダーク・フェニックス 現体制最後のX-MENは、旧シリーズの一大事件を踏襲し、テーマの原点へと帰着する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報