夏菜&品川祐、即興のキスシーンまさかのカットにあ然 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年11月11日 > 夏菜&品川祐、即興のキスシーンまさかのカットにあ然
メニュー

夏菜&品川祐、即興のキスシーンまさかのカットにあ然

2018年11月11日 13:00

キスシーンはカット!「愛・革命」

キスシーンはカット!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の夏菜とお笑いコンビ「品川庄司」の品川祐がダブル主演した日本・香港合作映画「愛・革命」が11月10日、東京・ユナイテッドシネマ豊洲で封切られた。2人は共演の成島敏晴、サム・レオン監督とともに舞台挨拶。撮影から3年を経ての公開に、夏菜は「日本で公開されるか不安だったので良かった」と正直な気持ちを吐露した。

さらに、タイで約1カ月のロケを振り返り「めちゃめちゃ楽しかった。言葉は通じないけれど、タイの人は皆ハートフルで明るい。それがまさか、(公開までに)こんなトラブルに巻き込まれるとは」と意味深発言。品川が、「夏菜ちゃん、最近、爆弾発言が多いから爆弾は小さめにね。僕は落とさなくても爆発することがあるけれど」と自虐を交えていさめた。

レオン監督の演出について夏菜は、「リハーサルもテストもなく、現場に入ったら『よーい、スタート』。突然すぎて、猛烈にビックリした」と苦笑い。品川は、台本になかったキスシーンが突然加わったことを明かし、「2人が見つめ合うシーンだったけれど、監督が『キスしちゃえ』って言うから。すごかったけれど、(映画を)見たらなかった」と、まさかのカットを嘆いた。レオン監督は、「現場でのテンションがあるんですよ」と笑ってごまかした。

それでも、夏菜は「日本にいたら体験できないことができて、人生の糧になる作品です」と笑顔。品川も、「子どもの頃から香港映画が大好きで、サモ・ハン・キンポーのアクションをつくっていたチームもいたし、ブルース・リーの撮影現場に行くこともでき、夢の世界に参加できました」と満足げに話していた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報