平野紫耀、天然ボケぶり発揮で会場のハートを鷲づかみ! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年11月10日 > 平野紫耀、天然ボケぶり発揮で会場のハートを鷲づかみ!
メニュー

平野紫耀、天然ボケぶり発揮で会場のハートを鷲づかみ!

2018年11月10日 14:00

舞台挨拶を盛り上げた平野紫耀ら「ういらぶ。」

舞台挨拶を盛り上げた平野紫耀ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画「ういらぶ。」の公開記念舞台挨拶が11月10日、都内で開催され、平野紫耀(King & Prince)、桜井日奈子玉城ティナ磯村勇斗、伊藤健太郎、桜田ひより佐藤祐市監督がそろって舞台挨拶に登壇し、劇中さながらの仲の良さを披露した。

映画は、LINEマンガで話題の人気コミックを旬のキャストで映画化。それぞれに思春期をこじらせた幼なじみたちの恋愛模様を描き出す。

この日は、平野が持ち前の(?)天然ボケぶりを随所に発揮。司会から、お気に入りのシーンをその場で再現するようお題を振られると、「なんですか? ごめんなさい」と全く話を聞いていなかったようで、周囲からツッコミが飛び交った。さらに、「初恋の味といえば?」という質問に対し、伊藤と磯村が「イチゴ」だったのに対し、平野はなぜか「ハチミツ」と答えて失笑を誘った。

佐藤監督は「紫耀くんは気を遣って、わざと天然をやっていた」とフォローしたが、平野本人はあっさり「やった記憶ないっす」と笑い、司会者からの「みなさんをつなぐ立場で頑張ろうと?」という再度のフリにも「僕自身、人見知りなんで」と明かし、場内を爆笑に包んだ。

それでも劇中の再現シーンでは、伊藤を巻き込んで「和真、あいつをイジめていいのは俺だけで、あいつを好きになっていいのも俺だけなんだよ」とクールに決めてみせた。締めの挨拶でも、客席を見渡し「見るからにみなさん、肌艶がよくなっているのでキュンキュンしたんじゃないかと思います」と語り、女性ファンのハートを鷲づかみにしていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報