「男と女」「ある愛の詩」仏作曲家フランシス・レイ氏死去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年11月8日 > 「男と女」「ある愛の詩」仏作曲家フランシス・レイ氏死去
メニュー

「男と女」「ある愛の詩」仏作曲家フランシス・レイ氏死去

2018年11月8日 19:35

「男と女」の一場面「男と女」

「男と女」の一場面
(C)1966 Les Films 13
[拡大画像]

[映画.com ニュース] クロード・ルルーシュ監督のカンヌ国際映画祭パルムドール受賞作「男と女」(1966)のメインテーマなど、数々の映画音楽を手掛けたフランスの作曲家フランシス・レイ氏が11月8日(現地時間)、死去したと仏メディアが報じた。86歳だった。

1932年フランス南東部ニース生まれ。アコーディオン弾きからキャリアをスタートし、「男と女」で始めて映画音楽を手がけ大ヒット。その後もルルーシュ監督の「パリのめぐり逢い」(67)、「白い恋人たち」(68)などで音楽を担当。米映画「ある愛の詩」(70)ではアカデミー作曲賞を受賞している。

なお、「男と女」製作時にレイ氏をルルーシュ監督に紹介し、劇中歌を担当、歌唱しているピエール・バルー氏は2016年に死去している。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi