リンキン・パーク、フー・ファイターズらが“クイーン愛”を語る「ボヘミアン・ラプソディ」特別映像 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年11月7日 > リンキン・パーク、フー・ファイターズらが“クイーン愛”を語る「ボヘミアン・ラプソディ」特別映像
メニュー

リンキン・パーク、フー・ファイターズらが“クイーン愛”を語る「ボヘミアン・ラプソディ」特別映像

2018年11月7日 18:30

映画ではラミ・マレックらが クイーンを演じている「ボヘミアン・ラプソディ」

映画ではラミ・マレックらが
クイーンを演じている
(C)2018 Twentieth Century Fox
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界的人気ロックバンド「クイーン」のボーカル、フレディ・マーキュリーの半生を映画化した「ボヘミアン・ラプソディ」の特別映像が公開された。クイーンの実際のライブシーンや本編映像と共に、クイーンをリスペクトするアーティスたちが魅力を語っていく。

本作は、クイーンの名曲誕生の瞬間や、20世紀最大のチャリティコンサート「ライブ・エイド」での圧巻のパフォーマンスを再現するとともに、華やかな活躍の裏にあった知られざるストーリーを描き出す。現メンバーのブライアン・メイロジャー・テイラーが音楽を総指揮し、劇中の名曲は主にマーキュリー自身の歌声が使われている。日本公開に先駆けて公開されたイギリスでは、週末3日間で興行収入1222万ドルを突破。アメリカでも週末3日間で5000万ドルのオープニング興収を上げた。

映像では、往年のロックバンド「レーナード・スキナード」が「当時としては最も革新的で、前衛的だった」とクイーンの思い出を語るほか、「フー・ファイターズ」のテイラー・ホーキンス、「リンキン・パーク」のマイク・シノダといった90年代ロックバンドや、若い世代に人気のファイヴ・セカンズ・オブ・サマーやザ・ヴァンプスらも登場する。

クイーンの楽曲「アンダー・プレッシャー」のカバーを発表しているショーン・メンデスは「フレディのライブは誰よりも自由」と表現し、今年グラミー賞で最優秀新人賞を受賞したアレッシア・カーラは、お気に入りの曲として「愛にすべてを」をあげる。ロック界以外からも、バックストリート・ボーイズが「音楽、ビジュアル、衣装、存在感、ハーモニー、全部がすごい」、ジェイソン・ムラーズは「クイーンはジャンルや常識にとらわれない。すべてを吸収して自分らしさを表現している」と絶賛するなど、クイーンが深く影響を与えてきたことがわかる。

ボヘミアン・ラプソディ」は11月9日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報