北川景子、関西人の血が騒ぐ? テレビに出るなら「笑いとりたい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年11月2日 > 北川景子、関西人の血が騒ぐ? テレビに出るなら「笑いとりたい」
メニュー

北川景子、関西人の血が騒ぐ? テレビに出るなら「笑いとりたい」

2018年11月2日 20:27

志駕晃の同名ミステリー小説を映画化「スマホを落としただけなのに」

志駕晃の同名ミステリー小説を映画化
[拡大画像]

[映画.com ニュース]女優の北川景子が11月2日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われた主演作「スマホを落としただけなのに」の初日舞台挨拶に登壇。映画PRのため、多くのバラエティ番組に出演したが「よく、番組でクールとか『意外に乙女』とか言われるんですが、自分でクールだとは言っていない」と不服を申し立て、「関西人なので、笑いには厳しいですよ。テレビに出るなら、笑いをとりたいですし、爪痕を残したい」と関西人の気概を見せた。

舞台挨拶には北川をはじめ、千葉雄大成田凌田中圭中田秀夫監督が登壇。商社で働く麻美(北川)が、結婚間近の恋人・誠(田中)がスマホを落としたせいで、身に覚えのないメールの送信やクレジット請求、個人情報の流出やSNSのなりすましなど、奇妙な出来事に巻き込まれてしまう。志駕晃の同名ミステリー小説を映画化し、全国314スクリーンで封切られた。

田中は、北川に浮気を疑われるシーンについて、「バーで鉢合わせになるんですが、そのときの景子ちゃんが超こわかった」と回想。これには北川も「監督にも『怖すぎ』って言われて。2パターン撮って、ソフトな方を使っていただいた」と釈明したが、田中は「ソフトであれです!」と北川の“怪演”に戦々恐々だった。

舞台挨拶では、主演を務めた北川への感謝を示そうと、男性陣がサプライズで花束のプレゼント。トップバッターを飾った千葉が「北川さんはスマホを落とさないけど、僕のハートはしっかり落としてくれました!」と王子様風にひざまずくと、田中は「いきなり、クオリティが高すぎるよー」とお手上げ状態。成田の花束手渡しもグダグダに終わり、「明日から(新作の)クランクインなのにー。こんな気持ちじゃ、現場に入れない」と頭を抱えていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報