瀬々敬久監督「菊とギロチン」乱闘シーンはぶっつけ本番「おまえら、戦え」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年11月2日 > 瀬々敬久監督「菊とギロチン」乱闘シーンはぶっつけ本番「おまえら、戦え」
メニュー

瀬々敬久監督「菊とギロチン」乱闘シーンはぶっつけ本番「おまえら、戦え」

2018年11月2日 14:00

瀬々敬久監督と木竜麻生「菊とギロチン」

瀬々敬久監督と木竜麻生
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 瀬々敬久監督が11月1日、第31回東京国際映画祭「Japan Now」部門で「菊とギロチン」のTOHOシネマズ六本木ヒルズでの上映後に、主演の木竜麻生ともにティーチインを行った。

「企画自体は20歳過ぎから考えていて、いつかやりたいと思っていた」というこん身の一作。大正末期の関東大震災直後、日本全国で興行を行っていた女相撲の一座とアナキスト集団「ギロチン社」の青年たちが、混とんとした社会を力強く生き抜こうとする姿を描く3時間余の一大叙事詩だ。

製作に踏み切ったきっかけは、2011年の東日本大震災。「その後の個人情報保護法や、世界的には極右が台頭したりと、(閉そくした)時代の雰囲気の中で作るべきと思った。僕が映画を作りたいと思った時は、石井聰亙(現岳龍)監督らがインディーズで自由に作っていた気風の頃。それにあこがれていたし、映画は自由であるべきという初期衝動に忠実にやりたかった」と力説した。

オーディションで約300人の中から、主人公の新人力士・花菊役に抜てきされた木竜は、「相撲の稽古が大変でした。出演が決まった人からやっていたので長い人で3カ月、私も2カ月くらい、基礎から始めたので足がガクガクになり、指の皮もむけながらやっていました」と振り返る。それでも、「皆と稽古してご飯を食べて、洗濯物も一緒。一緒に生活をして闘っていけたのが大きかった」と客席で見守っていた共演陣に感謝した。

クライマックスの大乱闘シーンなどで用いたスローモーションの意図についての質問が出ると、瀬々監督は「あれは全部雨降らしでやりたかったんだけれど、ホースが3本しかなくて前半だけで無理だと分かった。どんどん時間もなくなっていくので、『おまえら、戦え』と言って段取りもなくぶっつけ本番でやった」と説明。さらに、「あれを普通のスピードで見ていると耐えられないからスローにした。映画ってそんなもん」とカミングアウトし、観客を驚かせていた。

第31回東京国際映画祭は、11月3日まで開催。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi