ピクサーの共同設立者が引退を表明 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月30日 > ピクサーの共同設立者が引退を表明
メニュー

ピクサーの共同設立者が引退を表明

2018年10月30日 11:00

ピクサーを立ち上げたキャットマル 社長にとって長編20作目となった 「インクレディブル・ファミリー」「インクレディブル・ファミリー」

ピクサーを立ち上げたキャットマル
社長にとって長編20作目となった
「インクレディブル・ファミリー」
(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ピクサー・アニメーション・スタジオの共同設立者で、同スタジオとウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオを指揮するエド・キャットマル社長が引退する意向を表明した。

コンピューター科学者であるキャットマル社長は、かつてルーカスフィルムのコンピューター部門、グラフィックス・グループでさまざまな映画に参加。1986年、アップルの共同設立者スティーブ・ジョブズ氏が同グループを買収してピクサーを立ち上げると、キャットマル氏は社長とチーフ・テクニカル・オフィサーに就任。ピクサーは短編CGアニメやCM製作を経て、95年に史上初の長編CGアニメーション「トイ・ストーリー」を発表。以降、質の高いヒット映画を連発し、今年公開の「インクレディブル・ファミリー」は長編20作目にあたる。

また、数多くのクリエイターを抱えるアニメーションスタジオの経営者として、キャットマル氏は持続可能なクエイティブ組織作りを追求。2006年にウォルト・ディズニーに買収されたのを機に、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの社長を兼任するようになると、ピクサーで培った手法を持ち込み、経営を立ち直らせた。

ウォルト・ディズニー社のロバート・アイガー会長兼最高経営責任者は、「クリエイティビティとテクノロジーが交差する新境地の開拓者として、エドはストーリーテラーの可能性と、観客の期待を押し広げました」と称えている。同社の発表によると、現在73歳のキャットマル氏は来年引退。後任は、ピクサーがジム・モリス、ウォルト・ディズニーはアラン・バーグマンが務めることになる。

なお、キャットマル氏は2019年7月までアドバイザーを務めることになるという。

(映画.com速報)
トイ・ストーリー MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] トイ・ストーリー MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,350 おもちゃたちが繰り広げる大冒険を描き世界的ヒットを記録したピクサー製CGアニメ映画。
インクレディブル・ファミリー MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] インクレディブル・ファミリー MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,235 第77回アカデミー長編アニメ映画賞を受賞したディズニー/ピクサーの大ヒット作「Mr.インクレディブル」の14年ぶりとなる続編。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報