イッセー尾形、「漫画誕生」ティーチインで大木萠監督をあ然とさせた一言とは? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月30日 > イッセー尾形、「漫画誕生」ティーチインで大木萠監督をあ然とさせた一言とは?
メニュー

イッセー尾形、「漫画誕生」ティーチインで大木萠監督をあ然とさせた一言とは?

2018年10月30日 22:45

ティーチインで思い出した!「漫画誕生」

ティーチインで思い出した!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第31回東京国際映画祭の「日本映画スプラッシュ」部門で「漫画誕生」が10月30日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映され、イッセー尾形篠原ともえ大木萠監督がティーチインに出席した。

漫画を初めて職業とし、「近代漫画の父」といわれる北沢樂天の半生を描くドラマで、イッセーが樂天、篠原が妻のいのを演じた。観客からの質問に応じる前に、イッセーが「監督に聞きたいんだけれど、なんで樂天を映画にしようと思ったの?」と切り出した。

大木監督は、「一時代を築いたのに、忘れ去られてしまったところに興味をひかれました。私は将来、(俳人の)尾崎放哉の映画を撮りたいと思っていて、そこにつながるとも思ったんです」と説明。イッセーも、「すごいよね。普通は映画にしないで、放っておくから」と称えた。

イッセーのキャスティングについては、「世代的に一人芝居は見ていなかったけれど、本当にファンで樂天のユーモアを表現できるのはイッセーさんしかいない」と“一本釣り”だったことを強調。いのの60歳までを演じた篠原に関しては、「プロデューサーの1人がどうかということだったけれど、シノラーでお芝居をちゃんとしているイメージがなかった。でも、老けたところが見てみたいと思った」と明かした。

だが、篠原がすかさず「もうちょっと言い方があるよね。年を重ねたところとか」と強烈なツッコミ。それでも、「私の好きな男性のタイプは天才なので、天才のイッセーさんの側に寄り添って見守れたのは光栄でした」と満足げに振り返った。

終始ニコニコしながら聞いていたイッセーだが、「あっ、今思い出した。僕、放哉やったことあるわ」と突然の告白。その場で「咳(せき)をしても一人」と代表的な句をそらんじたが、大木監督は「えっ、今思い出したんですか? 尾崎の話は前もしていましたよね」とあ然とした表情だった。

第31回東京国際映画祭は、11月3日まで開催。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報