桜井ユキ、宮川大輔とのキスシーン撮影後「気分が悪くなった」理由は? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月27日 > 桜井ユキ、宮川大輔とのキスシーン撮影後「気分が悪くなった」理由は?
メニュー

桜井ユキ、宮川大輔とのキスシーン撮影後「気分が悪くなった」理由は?

2018年10月27日 16:30

宮川大輔、映画初主演&初キスシーン!「サクらんぼの恋」

宮川大輔、映画初主演&初キスシーン!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] お笑い芸人の宮川大輔が映画初主演を務めた映画「サクらんぼの恋」の初日舞台挨拶が10月27日に東京・新宿バルト9で行われ、宮川のほかヒロイン役の桜井ユキ、共演の前田公輝佐野ひなこ、メガホンをとった古厩智之監督が登壇した。

冴えない独身中年男の恋を描いたハートウォーミングストーリー。ファミレスチェーンの店長として働く山川則夫(宮川)は気が弱く、客に頭を下げてばかりの毎日を送っている。楽しみはアイドルとゲームだけで、憧れにも近い気持ちを抱きながら、日課のようにAV女優・恩田リナ(桜井)のビデオを見ていた。ある日、則夫の部屋に「ちょっとだけ隠れさせて」と、バスローブ姿のリナが逃げ込んで来る。

宮川の印象を問われた桜井は「プライベートで着ていらっしゃる服がおしゃれで。則夫の劇中衣装から私服に着替えて帰っていくのを見ると悲しくなりました」と暴露。すかさず宮川は「則夫の衣装がほんまダサ過ぎて、テンション下がってまうねん!」と叫び、「でも則夫なりに重ね着したりしてるんですよ」と、劇中の意外なファッションポイントを明かした。桜井が「私服はキレッキレですもんね」となおも迫ると、宮川は「私服もあんまり好きじゃないってこと?」と悲しげに返し、会場は笑いに包まれた。

宮川と桜井の演技を聞かれた古厩監督は、「2人で物語を作っていってくれたので、演出はほとんどしていません」と太鼓判。「脚本を書き始める前に宮川さん主演でという話があって、上品で優しい方っていうイメージがあったので、そこを踏まえて書きました」と語り、宮川を照れさせていた。

初挑戦となるキスシーンについて、宮川は「ユキちゃんのこと好きになってもうて。撮影の後に様子を聞いたら、(スタッフから)『桜井さん、気分が悪いみたいで』って言われて……、ものすごく落ち込んだんですよ。嫌だったんかな?」とポツリ。桜井は「ずっと船酔いで気持ち悪かったんですよ。でも我慢してキスシーンを撮影しました」と弁解し、「キスシーンは最高でしたよ」と笑顔でアピールした。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報