ハリウッド版「呪怨」が2019年夏に全米公開へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月26日 > ハリウッド版「呪怨」が2019年夏に全米公開へ
メニュー

ハリウッド版「呪怨」が2019年夏に全米公開へ

2018年10月26日 13:00

「呪怨 パンデミック」劇中カット「呪怨」

「呪怨 パンデミック」劇中カット
(C)2006 GHP 4 - GRUDGE 2, LLC.
All rights reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本の大ヒットホラー映画を再リブートするハリウッド版「呪怨」が、2019年6月21日に全米公開されることがわかった。

米Deadlineによれば、米ソニー・ピクチャーズは当初の8月16日の予定から、より幅広い世代の観客動員を見込める6月に、全米公開を約2カ月繰り上げた。

今回のリブート版「呪怨」は、ホラー映画「The Eyes of My Mother」で注目を集めたニコラス・ペッシェが監督。サム・ライミがプロデュースし、デミアン・ビチル(「死霊館のシスター」)、アンドレア・ライズボロー(「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」)、ジョン・チョウ(「スター・トレック」)が出演している。

呪怨」は、サラ・ミシェル・ゲラー主演で04年にハリウッドで映画化され、オリジナル版の清水崇監督がメガホンをとった。また、06年には同じく清水監督による第2弾「呪怨 パンデミック」、09年にはトビー・ウィルキンス監督による第3弾「呪怨 ザ・グラッジ3」が公開された。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ワイルドライフの評論 ワイルドライフ 14歳の少年の多感が画面から溢れ出る。初監督作とは思えない驚きのクオリティ!
  • ピアッシングの評論 ピアッシング 異常心理、猟奇、ユーモアを斬新なアートワークでくるんだナイトメア映画
  • X-MEN:ダーク・フェニックスの評論 X-MEN:ダーク・フェニックス 現体制最後のX-MENは、旧シリーズの一大事件を踏襲し、テーマの原点へと帰着する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報