愛する人が眠り続けてしまったら? 篠原涼子の熱演収めた「人魚の眠る家」新予告 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月24日 > 愛する人が眠り続けてしまったら? 篠原涼子の熱演収めた「人魚の眠る家」新予告
メニュー

愛する人が眠り続けてしまったら? 篠原涼子の熱演収めた「人魚の眠る家」新予告

2018年10月24日 12:00

篠原涼子の熱演が涙を誘う「人魚の眠る家」

篠原涼子の熱演が涙を誘う
(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 篠原涼子西島秀俊が映画初共演を果たした「人魚の眠る家」の第2弾予告映像が公開された。

本作は、「マスカレード・ホテル」などで知られる東野圭吾氏によるヒューマンミステリー小説をもとに、「トリック」シリーズ、「明日の記憶」「天空の蜂」の堤幸彦監督が映画化。娘がプールで溺れて意識不明に陥り、過酷な状況に見舞われた夫婦が下す決断と苦悩を描く。篠原、西島が夫婦を演じるほか、坂口健太郎川栄李奈田中泯松坂慶子らが共演する。

予告映像は、「もし自分の愛する人が2度と目を覚ますことがないとしたら、あなたならどうしますか?」という問いかけから始まる。眠り続ける娘・瑞穂(稲垣来泉)のため、ある技術を頼った薫子(篠原)が次第に狂気をはらんでいくさまが映され、娘に包丁を向ける衝撃的なシーンも。薫子や夫の和昌(西島)、薫子の母・千鶴子(松坂)らが瑞穂の回復を願う姿も映される。

堤監督は本作について「いろいろな意味で“代表作”になる自信があります」と手応えをにじませ、「原作に描かれていることはたいへん難易度の高い内容ですが、それはどの夫婦にも親子にも突きつけられる究極の問題であり、だからこそ挑戦すべき作品だと確信しています。考えれば考えるほど“他人事”ではない」と思いを語った。

人魚の眠る家」は11月16日から全国公開。

(映画.com速報)
明日の記憶[DVD] 明日の記憶[DVD] 最安価格: ¥3,283 若年性アルツハイマーを題材にした荻原浩のベストセラー小説を、「トリック」シリーズの堤幸彦監督が映画化した感動作。
天空の蜂[Blu-ray/ブルーレイ] 天空の蜂[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,463 ベストセラー作家の東野圭吾が1995年に発表した小説を、堤幸彦監督が映画化したサスペンス大作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi