「中毒性のある映画」高橋ヨシキ×中原昌也「アンダー・ザ・シルバーレイク」を語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月24日 > 「中毒性のある映画」高橋ヨシキ×中原昌也「アンダー・ザ・シルバーレイク」を語る
メニュー

「中毒性のある映画」高橋ヨシキ×中原昌也「アンダー・ザ・シルバーレイク」を語る

2018年10月24日 12:00

中原昌也(左)と高橋ヨシキ「アンダー・ザ・シルバーレイク」

中原昌也(左)と高橋ヨシキ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] デビッド・ロバート・ミッチェル監督のサスペンススリラー「アンダー・ザ・シルバーレイク」の公開記念トークショーが10月23日、東京・新宿バルト9で行われ、デザイナー・ライター・サタニスト(悪魔主義者)として活躍する高橋ヨシキ氏と、音楽家・作家・映画評論家の中原昌也氏が作品を語った。

アンドリュー・ガーフィールド主演、セレブやアーティストたちが暮らすシルバーレイクを舞台に、消えた美女を探すうちに街の裏側に潜む陰謀を解明することになる青年サム(ガーフィールド)の暴走と迷走を描いた物語。

主人公サムについて高橋氏は「彼は何のマニアでもないし、何かを追求しているわけではない普通の人。そこが、ハリウッドを舞台にした映画とは異なる」と特徴を挙げ、「神話にとらわれておらずフラット。それはポストモダンが進んだということ。ファミコンとドローンが一緒に出てくるけど、それはかっこいいからやっているわけでもないし、それでも(主人公は)何もないと感じている」と分析する。

中原氏は「その空虚さがたまらない」と本作の根底にあるテーマを指摘し、「『インヒアレント・ヴァイス』と『ブルーベルベット』が下敷きになっているのかな思うけど、それがどうでもよくなっちゃう」「みんながつながっていなくて、分断されてる感じがいい。そういうところにリアリティがある」と感想を述べた。

映画のほか、音楽、アメリカ文化に造詣の深い二人ならではのコアな話題も盛り上がり、「映画の楽しみを広げてくれた」(中原)、「裏がない、正直な映画」(高橋)と評する。高橋が「中毒性があって2回目見た」と言えば、中原氏も「僕も3回見た」と明かし、ミッチェル監督の次回作への期待も語った。

(映画.com速報)
インヒアレント・ヴァイス[Blu-ray/ブルーレイ] インヒアレント・ヴァイス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥962 「ザ・マスター」のポール・トーマス・アンダーソン監督とホアキン・フェニックスが再タッグを組み、米作家トマス・ピンチョンの探偵小説「LAヴァイス」を映画化。
ブルーベルベット<オリジナル無修正版>[Blu-ray/ブルーレイ] ブルーベルベット<オリジナル無修正版>[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,000 平凡な青年が、ふとしたことをきっかけに悪夢のような世界に引きずり込まれていく様子を描く、鬼才デビッド・リンチ監督によるサスペンス作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi