「若おかみは小学生!」プチョン国際アニメーション映画祭でダブル受賞

2018年10月23日 20:00

高坂監督からの「カムサハムニダ!」 (ありがとうございます!)イラスト
高坂監督からの「カムサハムニダ!」 (ありがとうございます!)イラスト

[映画.com ニュース] 劇場アニメ「若おかみは小学生!」(公開中)が、第20回プチョン国際アニメーション映画祭(BIAF2018)の長編コンペティション部門で、優秀賞と観客賞をダブル受賞した。同映画祭では2016年の「君の名は。」(新海誠監督)が同じくコンペティション部門で優秀賞と観客賞に輝いており、2年ぶりの快挙となる。

若おかみは小学生!」は、令丈ヒロ子氏による人気児童文学の映画化。交通事故で両親を亡くした小学6年生のおっこが、祖母が営む温泉旅館・春の屋の若おかみとして奮闘する姿を描く。9月21日の公開以来、SNSを中心に評判が広がり、10月19日から各地の映画館で再上映や新規上映が実現。累計興行収入は2億3000万円を突破している。

高坂希太郎監督は、「なんて表現したらよいか……3年間におよぶ長い制作期間、こんな名誉を賜るとは想像すらしていませんでした」と戸惑いながらも、「ありきたりですが、『うれしい』と『驚き』と、そして『感謝』しか言葉にできません! スタッフとともに分かち、次回作の糧にしたいと思います。どうもありがとうございます!」と、感激のコメントをイラストとともに寄せている。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース