ボブ・ディラン「血の轍」が長編映画化 「君の名前で僕を呼んで」監督がメガホン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月19日 > ボブ・ディラン「血の轍」が長編映画化 「君の名前で僕を呼んで」監督がメガホン
メニュー

ボブ・ディラン「血の轍」が長編映画化 「君の名前で僕を呼んで」監督がメガホン

2018年10月19日 11:00

ボブ・ディラン「サスペリア」

ボブ・ディラン
Photo by Michael Kovac/WireImage/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース]第90回アカデミー賞で作品賞を含む4部門にノミネートされた「君の名前で僕を呼んで」のルカ・グァダニーノ監督が、次回作としてボブ・ディランのアルバム「血の轍」の長編映画化に挑むことが、米ニューヨーカー誌によって明らかになった。

ディランが1975年に発表した15枚目のスタジオアルバム「血の轍」(ちのわだち)は、ディランが世に放ってきた数ある作品群のなかでも最高傑作との呼び声が高い名盤として知られる。

同誌によれば、「君の名前で僕を呼んで」のプロデューサーに話を持ちかけられたグァダニーノ監督は、以前から大ファンだったものの、これまで仕事を共にする機会のなかったベテラン脚本家、リチャード・ラグラベネーズ(「フィッシャー・キング」「マディソン郡の橋」)が脚本を執筆することを条件に、監督を引き受けたそうだ。

収録曲の大半が、ディランが当時の妻サラとの波乱に満ちた結婚生活について歌った内容であることから、自伝的な要素が強いアルバムとしても知られる「血の轍」だが、はやくも脚本を書き上げたラグラベネーズは、アルバムの主要なテーマを取り入れつつ、70年代の数年間にわたり登場人物らが辿る旅路を描いているという点で、完全なるフィクションだと強調したうえで、「抑え込んだ感情やその抑制がもたらす影響、情熱に身を任せることが招く予想外の結果といったものを、できるだけドラマチックに表現したつもりだ」とコメントしている。

撮影、公開時期ともども現時点では不明だが、2人の青年が織り成すひと夏の恋の行方を叙情的につづった「君の名前で僕を呼んで」の次は、ダリオ・アルジェントの傑作ホラーを過激な描写満載でリメイクした「サスペリア(原題)」(2019年1月から全国公開)と、多様なジャンルに果敢に挑むグァダニーノ監督が、“ロックの神様”ことディランの名盤をいかにしてスクリーンへと転化するのか、今から期待が高まる。

(映画.com速報)
君の名前で僕を呼んで[Blu-ray/ブルーレイ] 君の名前で僕を呼んで[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,879 1980年代のイタリアを舞台に、17歳と24歳の青年が織りなすひと夏の情熱的な恋の行方を、美しい風景とともに描いたラブストーリー。
マディソン郡の橋[Blu-ray/ブルーレイ] マディソン郡の橋[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,349 たった4日間の恋に永遠を見いだした中年の男女の愛を描いた、大人のラヴストーリー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報