山寺宏一、川島海荷の“大人の美ぼう”にため息「ビビンときました」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月19日 > 山寺宏一、川島海荷の“大人の美ぼう”にため息「ビビンときました」
メニュー

山寺宏一、川島海荷の“大人の美ぼう”にため息「ビビンときました」

2018年10月19日 20:50

川島海荷持にビビン!「モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!」

川島海荷持にビビン!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 全米で大ヒットを記録した3Dアニメ映画シリーズの約2年ぶりとなる新作「モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!」が10月19日、全国37館で公開初日を迎え、日本語版声優を務めた山寺宏一川島海荷藤森慎吾観月ありさが東京・江東区のユナイテッド・シネマ豊洲での舞台挨拶に出席した。

世界中からモンスターたちが癒しを求めてやってくるホテルを舞台に、オーナーのドラキュラ(山寺)、その娘メイヴィス(川島)、偶然やってきた人間ジョナサン(藤森)による物語を描いた人気シリーズ。第3弾となる今作では、一行が豪華客船で家族旅行に繰り出し、これまで娘や孫のことばかり心配していたドラキュラが、裏がありそうなクルーズ船の船長・エリカ(観月)との恋に落ちていく。

3作続けて日本語版声優を務めた山寺&川島&藤森。和気あいあいとした雰囲気で掛け合いを繰り広げたが、藤森は「数年に一度しか合わないんですよね、我々。収録の時に仲良くなっても、(数年ぶりに会うと)『お久しぶりです』って」とぶっちゃける。一方で川島は「会えて嬉しいです。(1作目に参加した当時は)10代だったので、24歳になりました」と目を細め、これに山寺は「どんどんきれいになって。こっちは老け込む一方です」とため息をついていた。

さらに山寺は「(本シリーズが)本当に大好き。もっともっと日本の皆さんに知ってもらいたい」「オススメして、見てもらうと『面白くなかった』と言う人がいない。お子さんを持つお父さんは『泣いた』とも言うんです」と熱弁し、今作の見どころを「恋したドラキュラが、すっごいメロメロになります」と説明。藤森は「ドラさん、シリーズの中でも一番可愛いかも」といい、川島は「見たことない表情。溶けちゃってましたね」と笑っていた。

また観月は海外アニメ声優に初挑戦し、エリカに息吹を注いだ。アフレコを「二面性があるキャラなので、善いときとダークなときと、いろんな声を使い分けなくちゃいけない。とても苦労しました」と振り返ったが、「すごく楽しくて。声優さんって、夢があっていいですよね。とても楽しかったので、4があったらぜひとも。ちょっとでもいいので」と、続編への出演もちゃっかりリクエスト。山寺は「観月さんは、エリカ役にピッタリ」とべた褒めで、「アフレコ前、どなたが演じるのか知らないまま本編を見ていて、『観月さんっぽいキャラ』と思った。『誰がエリカをやるんですか』と聞いたら『観月さんです』と言われ、驚いたんです」と明かしていた。

物語にちなんだ「最近、一目惚れしたことは?」という質問には、山寺は「僕が最近、誰かに一目惚れしたかどうかは、デリケートな話ですから」と苦笑い。それでも「海荷ちゃんが、2年ぶりに会って大人の女性になっていることに、ビビン(劇中で度々使われる“ときめき”の擬音)ときました」と惚れぼれと語っていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi