今年のハロウィンはおうちでメイク! ハリウッド特殊メイクアーティストのスゴ技を体験

2018年10月13日 09:00

モデルに妖艶な化け猫メイクを施した江川悦子氏
モデルに妖艶な化け猫メイクを施した江川悦子氏

年々大きな賑わいを見せる、日本のハロウィン。このほど、Airbnbによる特別体験「ハリウッド発・特殊メイクで化け猫に!和風ハロウィンメイク&プロによる写真撮影」が10月26、27日に都内の古民家で開催されます。「ゴーストバスターズ」や「おくりびと」などを手がけた特殊メイクアーティスト江川悦子氏のプロデュースで、「和風ハロウィン」をイメージした化け猫メイクを自ら行い、プロのカメラマンに撮影してもらえるという豪華な企画。映画.comスタッフが、江川氏のデモンストレーションと本格メイクを一足早く体験しました。

今回の企画は、「和」と「おうちハロウィン」がテーマ。高層ビルが立ち並ぶ都心にいることを忘れてしまいそうな、古い2階建ての木造住宅が会場です。この日は、江川氏がモデルを化け猫に変身させるというデモンストレーションを行いました。プロの技術を間近で見られるという貴重な機会に胸が高鳴ります。

「鼻の形が変わるだけで驚くほど印象が変わります」と江川氏。外国人モデルに特殊な素材で作った鼻型を貼りつけ、顔と首を真っ白に塗ります。この時点で、もう国籍も人間であるかないかもわからない異形の顔に。肌の微妙なニュアンスはエアブラシを使って仕上げるなど、本格的なテクニックを駆使。モデルさんはカツラ、猫耳、赤いコンタクトレンズを装着し、独創的な着付けの着物姿になり、1時間半ほどで妖艶で美しい化け猫に変身しました。

普段は主に老けメイクや、坊主メイクなどを手掛けることが多いという江川氏。今回のテーマは「このような特別な企画で、和風ハロウィンというテーマを聞いて“猫”“化け猫”が浮かびました。和なら着物で、舞妓さんと化け猫をミックスさせた妖怪に仕上げました」と説明。

そして、映画やドラマなど数々の傑作を手掛けてきた、長いキャリアについてのお話をうかがうことに。「自分の中で意識改革した、という作品は『遠き落日』という野口英世さんの母の物語です。大女優さんの外見ばかり老けさせると、内面がついてこないというギャップがあり、何度か繰り返して上手くいった経験があります。気持ちと外とが一体化しないと難しいということ、メイクされる側とする側のコミュニケーションのとり方を学びました」と自身の転機となった経験を教えてくれました。

また、今年はハリウッドで活躍する日本人アーティスト辻一弘氏が、「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」でアカデミー賞メイクアップ賞を受賞し注目を集めました。同業界のパイオニアでもある江川氏にこれから特殊メイクアーティストを目指す若者へのアドバイスをいただきました。

「作りたいものを徹底的に作ることが大事。最初は誰かの真似でいいけど、自分の本当に作りたいものを目指して、作り続けることで、情熱を注ぐと、人が寄ってきてくれて、仕事につながることもあるので真剣に取り組むこと。あとは、観察力。電車に乗っていろんな人の顔をみるだけで、耳ひとつ、鼻のかたちもそれぞれ違うのです。クリーチャーを作る時は、動物図鑑や植物図鑑、グロテスクな深海魚などからインスピレーションをもらうことも。いっぱい引き出しを作ると面白い作品ができると思います」

江川氏の華麗なデモンストレーションを見学し、映画.comスタッフもハロウィン化け猫メイクの体験を。江川氏の事務所「MAKE UP DIMENSIONS」のスタッフのアドバイスのもと、自分の顔に特殊メイクを施し、色や模様など自分の好きなオリジナルの化け猫になることができます。モデルさんが使ったものと同じような鼻型を、筆を使って専用の接着剤で貼り付けるところからスタートです。普段のメイクでは使わない特別な化粧品や道具がずらりと並び、一体どんな変身ができるのか、期待が高まります。

初めての試みだったので、自分で思い通りの顔を描くのはなかなか難しい……と思考停止状態になったものの、スタッフさんがいろんなパターンのメイクを提案してくださり、アシスタントの手も借りながら何とか、「キャッツ」風の化け猫メイクが完成。江川氏からも太鼓判をいただき、何かのキャラクターになった気分です。会場内で自由に使える小道具を使ったり、プロのカメラマンにも撮影していただき、忘れられない経験になりました。会場は隠れ家のような雰囲気なので、気の置けない友人や恋人同士で参加すれば、楽しい非日常の時間を過ごせること間違いなしです。

「ハリウッド発・特殊メイクで化け猫に!和風ハロウィンメイク&プロによる写真撮影」は、10月26、27日、有楽町線・護国寺駅から徒歩6分のAirbnbが取り扱う古民家で実施。参加費用は8000円。体験詳細、申し込み方法はAirbnb特設ページ(https://www.airbnb.jp/experiences/378417)に掲載。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース