黒川芽以、婚活する“美人”役に戦々恐々 観客拍手も苦笑しきり「汗かくわ!」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月12日 > 黒川芽以、婚活する“美人”役に戦々恐々 観客拍手も苦笑しきり「汗かくわ!」
メニュー

黒川芽以、婚活する“美人”役に戦々恐々 観客拍手も苦笑しきり「汗かくわ!」

2018年10月12日 22:00

黒川芽以と大九明子監督「美人が婚活してみたら」

黒川芽以と大九明子監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の黒川芽以が主演した映画「美人が婚活してみたら」が10月12日、京都国際映画祭2018で上映された。黒川は、メガホンをとった大九明子監督とともにT・ジョイ京都での舞台挨拶に出席した。

アプリ「Vコミ」で長期間ランキング1位(累計1000万PV突破)を獲得した、とあるアラ子氏の人気漫画が原作。付き合う男性とは不倫ばかりの30代美女デザイナー・タカコ(黒川)は、ある大きな恋を終えた途端、燃え尽き症候群に陥ってしまう。勢いで婚活サイトに登録したタカコは、知り合った2人の男性(田中圭中村倫也)の間で揺れ動いていく。

高い評価を得た「勝手にふるえてろ」(2017)では、妄想女子のこじらせ恋愛を描いた大九監督。今作の経緯を振り返り「黒川さんは、男性のミューズ的な役を多くやられますが、普段しゃべっているととてもチャーミングなんです。女性にもモテる人」といい、「だから女性に『黒川さんってこんな人』と伝わるように、願いを込めました」と明かす。これに黒川は、「立ち飲み屋に行くと女子にモテます」と愉快そうに応じていた。

一方で黒川は「タイトルを聞いて、そして(役どころの)“美人”というワードを見て、自分に務まるのか、ものすごいプレッシャーでした」と戦々恐々だったことを告白し、観客から称賛の拍手を送られたが「汗かくわ!」と苦笑しきり。大九監督は印象深いシーンとして、黒川と田中圭のラブシーンを挙げ、「2人ともプロフェッショナルで、(恥ずかしさはなく)へっちゃらなんです。こちらのほうがドキドキした」と明かすと、黒川は「私が(田中の肩を)噛むところがありますが、大九さんの演出です。私に噛み癖があるわけではないですよ!」と強調していた。

また、脚本はお笑いコンビ「シソンヌ」のじろうが手掛けている。大九監督は「じろうさん、シナリオを一向に書いてこないんですよ。なかなか筆が進まなくて。ある日打ち合わせに土下座できて『すみません、面白いものしか書けないんです!』。くー、かっこいい! 芸人さんならではで、普段は笑わせるコントですから、映画とは向かうベクトルが違うらしくて。一生懸命、プロデューサーと『いや、じろうさんは書けます。書ける子です。常に笑わせている必要はないので』と説得しました」とぶっちゃけながらも、女性心理を巧みに汲み取ったじろうの手腕を「励ましたら、あらすじ的な流れを一晩で書いてきてくれた。大天才です。コントなどでよく女装しているじゃないですか、映画でも女優をやったらいいのに。ちょっと、出演してもらうことを狙っています」と絶賛していた。

京都国際映画祭2018は、10月14日まで開催。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi