岡田准一、モントリオールの賞状に感激「日本の文化が世界で受け入れられた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月19日 > 岡田准一、モントリオールの賞状に感激「日本の文化が世界で受け入れられた」
メニュー

岡田准一、モントリオールの賞状に感激「日本の文化が世界で受け入れられた」

2018年9月19日 21:30

この日も大作節は健在!「散り椿」

この日も大作節は健在!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] カナダの第42回モントリオール世界映画祭で準グランプリに当たる審査員特別賞に輝いた「散り椿」のシニア夫婦限定試写会が9月19日、都内で行われ木村大作監督、主演の岡田准一、共演の西島秀俊が舞台挨拶に登壇した。

岡田は届いたばかりの賞状と初対面し、「大作さんの力になれることを目指していたので、伝説をつくる力になれたことがうれしい」と感慨深げ。さらに、「今は日本でも時代劇を作るのが難しくなっている中で、日本の文化が世界で受け入れられいち早く評価された。この『DAISAKU KIMURA』の文字がいいですね」と賞状をしげしげと眺め、喜びをかみしめていた。

急きょ参加した西島も、「本格的な時代劇が評価され、日本人として誇りに思う」としながらも、「大作さんには(モントリオールに)行ってくださいと言ったのに、面倒くさいと言って行かなかったんですよ」とちょっぴり悔しさもにじませた。木村監督は苦笑いで、「次に機会があったら、金(グランプリ)を狙うよ」と抗弁した。

この日の観客は60歳以上の夫婦が対象のため、岡田の登場にも黄色い声援は飛ばず「緊張はします」と照れ笑い。それでも、「皆さんキュートな笑顔をしていますし、大作さんに『皆、俺より年下だから』と言っていただいたので和みます」とリップサービスも見せた。

観客からの質問にも応じ、「もし、木村監督がお父さんだったら」という問いに岡田は「すごく難しい人だと思うが、本来はチャーミングでロマンチストなんですよ。師であり親であり、心の友になれたらいいなと思っています」と力説。西島は「僕はかなり父が怖かった。今でこそ男として話ができるようになったが、イメージで重なる部分が大きい」と話した。

そして、岡田が「大作さんの映画人生61年目にできた、まさに魂の作品です」とアピール。木村監督は、観客がほぼ年下であることを確認した上で「この前ニュースで、65歳以上が3900万人になったと言っていた。その層が見に行けば大ヒットするんです。だから、皆さんの責任は重い。帰ったら、隣近所に声をかけてくださいね」と大作節でハッパをかけていた。

散り椿」は、直木賞作家・葉室麟氏の同名小説を映画化。亡き妻の思いを胸に、故郷の藩に戻った武士が権力に立ち向かっていく姿を描く。9月28日から全国で公開される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi