最高の曲は“痛み”から生まれる UK音楽と恋描く「モダンライフ・イズ・ラビッシュ」予告 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月14日 > 最高の曲は“痛み”から生まれる UK音楽と恋描く「モダンライフ・イズ・ラビッシュ」予告
メニュー

最高の曲は“痛み”から生まれる UK音楽と恋描く「モダンライフ・イズ・ラビッシュ」予告

2018年9月14日 19:00

ビターな恋を象徴する新ポスターも披露「モダンライフ・イズ・ラビッシュ ロンドンの泣き虫ギタリスト」

ビターな恋を象徴する新ポスターも披露
(C)Modern Life Pictures Limited 2016
[拡大画像]

[映画.com ニュース] イギリスの人気バンド「blur」のアルバムと同じタイトルを冠した映画「モダンライフ・イズ・ラビッシュ ロンドンの泣き虫ギタリスト」の予告編と本ポスタービジュアルが、このほど披露された。映像は「最高の曲は『痛み』から生まれる」という印象的な言葉とともに、主人公とヒロインが繰り広げる音楽と恋の物語を映し出している。

英ロンドンのレコード店で、blurのアルバムを選んでいる時に出会ったリアムとナタリー。リアムはデジタル化した音楽のダウンロードコレクションを嫌い、昔ながらのCDやレコードを大切にする、夢見るミュージシャンだ。ナタリーはレコードジャケットデザイナーを目標としながらも、生活を支えるために広告会社で働くが、次第にすれ違い、一度は別れることになる。しかし、かつて2人を結んだ音楽が、再び彼らを元の場所へ引き寄せていく。

バーバリーのメンズフレグランス「Mr. Burberry」のモデルでもある若手俳優ジョシュ・ホワイトハウスが、リアム役で映画初主演。「サンシャイン 歌声が響く街」「セザンヌと過ごした時間」などに出演した、フレイア・メイバーがナタリー役を務めた。予告では、実際にバンド活動を行っているホワイトハウスが歌う楽曲「リコリス・ガール」が使用されている。

さらにビジュアルでは、リアムとナタリーのキスシーンを大胆に配置。場面写真もお披露目され、公園、ライブハウス、パブ、ギャラリー、アフタヌーンティーの風景など、ロンドンの若者たちの暮らしや街並みを感じることができる。

また本国で使用されたロゴをあしらったシールが付属する、前売り鑑賞券が9月21日から発売される。「モダンライフ・イズ・ラビッシュ ロンドンの泣き虫ギタリスト」は、11月9日から東京・新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi