「ファースト・マン」がトロント映画祭でプレミア上映、宇宙飛行士も絶賛 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月12日 > 「ファースト・マン」がトロント映画祭でプレミア上映、宇宙飛行士も絶賛
メニュー

「ファースト・マン」がトロント映画祭でプレミア上映、宇宙飛行士も絶賛

2018年9月12日 12:00

アポロ15号の宇宙飛行士も絶賛!「ファースト・マン」

アポロ15号の宇宙飛行士も絶賛!
Photo by Emma McIntyre/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ラ・ラ・ランド」のライアン・ゴスリングデイミアン・チャゼル監督が再タッグを組む注目作「ファースト・マン」が9月10日(現地時間)、カナダのトロントで開催中のトロント国際映画祭でプレミア上映された。

同作は、アメリカによる月への有人宇宙飛行計画を、アポロ11号のニール・アームストロング船長の視点で描く意欲作。ジェイムズ・R・ハンセンによる伝記「ファーストマン(ニール・アームストロングの人生)」を下敷きに、ジョシュ・シンガー(「スポットライト 世紀のスクープ」「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」)が脚色したもの。製作総指揮にはスティーブン・スピルバーグも名を連ねている。

上映が始まる前に、ステージに現れたチャゼル監督は「『セッション』も『ラ・ラ・ランド』も、ここトロント映画祭での上映がスタートでした。またここに戻ってこれて嬉しいです」と挨拶、観客からの熱烈な拍手に笑顔で応えていた。


画像2

Photo by Emma McIntyre/Getty Images
[拡大画像]

上映終了後には、チャゼル監督に加え、主演のゴズリングやクレア・フォイ、脚本家のシンガーなど総勢13名が舞台挨拶。中でも、アポロ15号の宇宙飛行士で、本作のコンサルタントも務めたアル・ウォーデンが、「宇宙飛行士の生活や、宇宙空間のことをこれだけリアルに描いた映画はない。一見、リアルそうに見えるけどデタラメだった『ゼロ・グラビティ』とは大きな違いだ。あの映画は最低なんだよ」と語って場内の爆笑を誘っていた。

また、上映後のアフターパーティーには、カナダのジャスティン・トルドー首相も駆けつけ、チャゼル監督やゴズリングらと語り合う場面も見られた。

2019年2月のアカデミー賞授賞式へと続く賞レース、「ファースト・マン」は上々のスタートを切った。

(映画.com速報)
ラ・ラ・ランド Blu-rayスタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] ラ・ラ・ランド Blu-rayスタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,799 「セッション」で一躍注目を集めたデイミアン・チャゼル監督が、ライアン・ゴズリング&エマ・ストーン主演で描いたミュージカル映画。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報