DC映画「ジョーカー」、バットマンの父親役俳優がたった2日で離脱 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月6日 > DC映画「ジョーカー」、バットマンの父親役俳優がたった2日で離脱
メニュー

DC映画「ジョーカー」、バットマンの父親役俳優がたった2日で離脱

2018年9月6日 09:00

アレック・ボールドウィン「ミッション:インポッシブル フォールアウト」

アレック・ボールドウィン
Photo by Roy Rochlin/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ホアキン・フェニックス主演のDC映画「ジョーカー(原題)」への出演が報じられた米俳優アレック・ボールドウィンが、報道からわずか2日後に作品からの離脱を発表した。

同作は、バットマンの宿敵ジョーカーの誕生を描く意欲作。ボールドウィンの参加が決定し、バットマンことブルース・ウェインの父トーマス・ウェイン役を演じるのではないかと、米Deadlineなどが8月28日(現地時間)に伝えていた。しかしその2日後、「USAトゥデイ」に出演したボールドウィンは「スケジュールの問題」で出演しないと発表。報道ではトーマス・ウェインは1980年代のドナルド・トランプのような派手で日焼けした実業家と表現されていたが、ボールドウィンは自身のTwitterで「トッド・フィリップス監督の『ジョーカー』で、ドナルド・トランプもどきのキャラクターに雇われてはいない」と改めて出演を否定した。

90年代に「レッド・オクトーバーを追え!」や「冷たい月を抱く女」などのハリウッド映画で主役を張っていたボールドウィンは、コメディドラマ「30 ROCK サーティー・ロック」(06~13)へのレギュラー出演をきっかけにコメディ俳優として開花。近年は、長寿バラエティ番組「サタデーナイト・ライブ」でのトランプ大統領のモノマネで一世を風びしている。トム・クルーズ主演の大ヒットシリーズ最新作「ミッション:インポッシブル フォールアウト」(公開中)ではIMF長官役を演じた。

80年代のダークで荒々しい雰囲気をもった作品を目指しているという「ジョーカー(原題)」では、これまでジャック・ニコルソン、故ヒース・レジャーさん、ジャレッド・レトが扮してきた名悪役のジョーカーを、演技派のフェニックスが演じる。その他、ロバート・デ・ニーロザジー・ビーツフランセス・コンロイマーク・マロンらが出演。9月10日にクランクインし、2019年10月4日の全米公開を予定している。

(映画.com速報)
レッド・オクトーバーを追え! アドバンスト・コレクターズ・エディション[DVD] レッド・オクトーバーを追え! アドバンスト・コレクターズ・エディション[DVD] 最安価格: ¥927 米国への亡命を決意した艦長が率いるソ連の原子力潜水艦をめぐる人々の思惑を描くポリティカル・アクション。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi