木村大作監督、“クロサワ級”評価に満足げ「壮絶な美を狙った」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年9月5日 > 木村大作監督、“クロサワ級”評価に満足げ「壮絶な美を狙った」
メニュー

木村大作監督、“クロサワ級”評価に満足げ「壮絶な美を狙った」

2018年9月5日 08:00

会見した木村大作監督「散り椿」

会見した木村大作監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第42回モントリオール世界映画祭で準グランプリに当たる審査員特別賞を受賞した「散り椿」の木村大作監督が9月4日、都内で会見した。

木村監督は、1999年に高倉健さんが主演の「鉄道員(ぽっぽや)」で、初の海外映画祭となるモントリオールに参加。健さんが最優秀男優賞を受賞した際には、降旗康男監督とともに名代としてステージに立った。その思い出の地での戴冠となったが、受賞の知らせを受けての第一声は「グランプリ(最優秀作品賞)じゃねえのかよ」だった。

いきなりの“大作節”さく裂だが、すぐに冷静さを取り戻したという。「思い直したら、銀メダルということだからね。日本の美しい時代劇という映画作りが認められたってことだから。スタッフ、キャスト全員がひとつの方向を向いていた。それに対する賞だと思うから感謝している。うれしいですよ」と相好を崩した。

映画祭審査委員長のエリー・カスティエルが、「映画を見て、クロサワを思い出した。クロサワはショー的な映画だが、この作品は絵画の連続だった」という評価にも満足げな笑みを浮かべる。黒澤明監督の下でキャメラマンとしてのキャリアをスタートさせ「用心棒」「椿三十郎」などを手掛けているだけに、「超えることは無理だが、迫ろうとは思っている。黒澤さんの1カットで撮る殺陣にインスパイアされているが、そこに雨や風など自分の色を加味して壮絶な美を狙った。それはできている自負がある」と胸を張った。

自身の歯にきぬ着せぬキャラクターが知られていない海外での評価には、「79歳のじいさんが撮った3本目だけれど、初見で評価されたのは久しくそういう映画がなかったからだろうな」と持論を展開。さらに「次に撮る作品は、これを上回るものを作らなきゃいけないからプレッシャーは大きい。1本1本、自分の進歩を見せたいけれど、先はあまりないからなあ」と冗談めかした。

その上で、「これで認知度が少しでも上がって、日本で多くの人に見てもらえればいいんだよなあ」と期待。その「散り椿」は、9月28日から全国で公開される。

(映画.com速報)
鉄道員(ぽっぽや)[Blu-ray/ブルーレイ] 鉄道員(ぽっぽや)[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,018 北海道の雪深い町の駅舎を舞台に、鉄道員として生きたひとりの男の姿を綴ったドラマ。
用心棒[DVD] 用心棒[DVD] 最安価格: ¥2,000 荒廃した宿場町を舞台に、流れ着いた浪人が巻き起こす騒動を描いた、黒澤明監督が贈る痛快娯楽時代劇。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi