「最後のジェダイ」女優、ネットいじめについて語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年8月25日 > 「最後のジェダイ」女優、ネットいじめについて語る
メニュー

「最後のジェダイ」女優、ネットいじめについて語る

2018年8月25日 12:00

ローズ・ティコ役を演じたケリー・マリー・トラン「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」

ローズ・ティコ役を演じたケリー・マリー・トラン
Photo by Alberto E. Rodriguez/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース]「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」のローズ・ティコ役で知られるケリー・マリー・トランが、ネットいじめに耐え切れずインスタグラムの全投稿を削除して以来初めて、自身の言葉で心情を語った。

ほぼ無名だったにもかかわらず、「最後のジェダイ」でレジスタンスの整備士ローズ役に大抜てきされ、同シリーズ初となるアジア系アメリカ人の主要キャストとして世界的に注目されたトラン。しかし映画の公開直後から、演じたキャラクターへの批判のみならず、トラン自身の人種や容姿、性別に言及する差別的なコメントがファンから日々大量に寄せられた結果、トランは今年6月にインスタグラムの投稿を全て削除し、ソーシャルメディアから姿を消していた。

8月21日(現地時間)付の米ニューヨーク・タイムズ紙に宛てたエッセイで、「ネガティブなコメントそのものよりも、私自身がそれを正しいと思いはじめてしまったから」とインスタグラムのアカウントを事実上閉鎖した理由について明かしたトランは、「彼ら(白人)の人生のストーリーにおいて、自分は脇役としてしか存在し得ないのだという、有色人種の女性として生きるなかで学んだことを、彼らの言葉によって改めて思い知らされた」と語る。

ベトナムからの移民である両親のもとアメリカで生まれ育った経験について、「これまでずっと、肌の色が違うというだけでよそ者扱いされ、仲間はずれにされてきた」と振り返ったトランは、「有色人種の子どもたちが白人になることを夢見ながら育つことも、女性たちがその容姿や言動を厳しく問われることもなく、人種、性別、宗教、社会的地位、性的指向などにかかわらず、誰もが同じ人間としてみなされ、尊重される世界を願ってやまない」と祈りを込めて訴えると共に、「ケリーとして知られているけど、本名はローン。私は『スター・ウォーズ』映画で主要キャラクターを演じた初めての非白人女性。バニティ・フェア誌の表紙を飾った初のアジア系女性。私のキャリアはまだ始まったばかり」と堂々たる宣言でエッセイを締めくくった。

(映画.com速報)
スター・ウォーズ/最後のジェダイ MovieNEX(初回版)[Blu-ray/ブルーレイ] スター・ウォーズ/最後のジェダイ MovieNEX(初回版)[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,547 「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に続くシリーズ作品で、伝説のジェダイの騎士ルーク・スカイウォーカーを探し当てた主人公レイがたどる、新たな物語が描かれる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi