注目俳優・萩原利久が「未完成映画予告編大賞」グランプリ「高崎グラフィティ。」に寄せた思い

2018年8月24日 08:00

地方都市の青春群像を描く今作では、川瀬陽太、奥野瑛太との緊張感ある芝居も経験
地方都市の青春群像を描く今作では、川瀬陽太、奥野瑛太との緊張感ある芝居も経験

[映画.com ニュース] 堤幸彦大根仁ら気鋭の映画監督を輩出してきた映像制作会社オフィスクレッシェンドが、次代を担うクリエイターの発掘と育成を目的に設立した映像コンテスト「未完成映画予告編大賞」の第1回グランプリ受賞作「高崎グラフィティ。」で、メインキャラクターのひとりを演じた萩原利久が、映画.comのインタビューに応じた。

群馬県高崎市を舞台に、高校の卒業式を終えたばかりの男女5人がひょんなことから行動を共にし、それぞれが抱える本心をぶつけ合うことで真の友情で結ばれていくさまを追う青春ストーリー。萩原は主人公・美紀(佐藤玲)にひかれながらも、学校生活そのものと距離を置いてきた寡黙な優斗を演じる。

萩原は「優斗はスカしてますよね。僕はしゃべるタイプだし、あんなにスカせないです。恥ずかしくなっちゃうんで、カッコつけると(笑)」と、自身との共通点が少なかったとはにかむが、「(川島直人)監督に言われたんですけど……」と、ある1つのことが、役作りの大きなポイントとなったと明かす。それは、9歳で子役としてデビューし、さまざまな映画・ドラマ出演を経て「俳優として生きていく」と決断したことと無縁ではなかった。「僕自身は、高校生のときにはもう俳優活動をしていたので、学校以外の世界や仕事の楽しさみたいなものを感じていたんです。仕事は仕事で楽しんで、学校は学校で楽しむ、みたいな区別も付けていましたし。優斗も、学校の外で可愛がってくれるちょっと悪い先輩がいて、遊ぶのはそっちとの方が楽しいし、でも学校は学校でそれなりに……みたいな。僕自身の中にあるこの感覚が、たぶん優斗の中にあるもので一番近い感覚だったと思います。そこから優斗という役を広げていけたのが良かったと思います」。

物語は、専門学校の入学金を手にしたまま父親(渋川清彦)が行方不明になってしまった美紀が、親友の寛子(岡野真也)、優斗、お調子者の直樹(中島広稀)、秀才の康太(三河悠冴)らクラスメートと成り行きで卒業パーティを抜け出してしまったことから動き出す。萩原は「自分たち5人が、『探す』っていう映画の大きなテーマを始める大事なシーンだし、僕自身でも印象に残っているシーン」として、夜明けの河原でそろって「花火」と称して発煙筒に火をつけるシーンを挙げる。

「明け方の日の光の時間が極端に短かったので、長回しで全部行こうという感じでしたから、大変でした。寒さと眠さに大分やられてたんですけど、始まると難しいけど本当にやりがいがあって」と振り返るシーンは、手持ちカメラのワンカットで撮影され、ライブ感があふれている。「脚本の読み合わせが終わった段階から、監督には『とにかく5人は仲良くなって』と言われていました。コミュニケーションを取るための時間も設けてもらっていましたし、確かに5人の関係性は、撮影前からちゃんと作れていたのかなって思います」。

言いたいことを言い出せず、その場の空気に合わせてなんとなくやり過ごしてきた主人公たちの日々は、違う世代の者でも「うんうん」とうなずいてしまうはずだ。萩原は「『高校生』って、大半の方が通ってこられたもので、必ず、この5人の誰かのどこかに共感できるポイントがあると思います。『懐かしい』と感じる方もいれば、『こんな気持ちもあるのか』と思う方もいるでしょうけど、絶対に楽しんでもらえる5人になっていると思いますので、幅広くたくさんの方に見ていただきたいです」と期待を語った。

高崎グラフィティ。」は高崎で先行公開中。8月25日から全国順次公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース