“完璧な悪夢”が一家を襲う「ヘレディタリー」11月日本上陸 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年8月21日 > “完璧な悪夢”が一家を襲う「ヘレディタリー」11月日本上陸
メニュー

“完璧な悪夢”が一家を襲う「ヘレディタリー」11月日本上陸

2018年8月21日 06:00

米批評家から絶賛が相次いだ話題のホラー「ヘレディタリー 継承」

米批評家から絶賛が相次いだ話題のホラー
(C)2018 Hereditary Film Productions, LLC
[拡大画像]

[映画.com ニュース]米批評家から絶賛レビューが相次いだホラー映画「HEREDITARY」が、「ヘレディタリー 継承」の邦題で11月30日から全国公開されることが決定。「完璧な悪夢」のキャッチコピーが恐怖をあおる日本版ポスタービジュアルが公開された。

ある家族にまつわる恐ろしい秘密を描いたトラウマ必至の物語は、アカデミー賞作品賞に輝いた「ムーンライト」や、賞レースを席巻した「レディ・バード」など、設立6年にしてオスカーの常連となった気鋭のスタジオ「A24」が製作。すべてのシーンがラストの恐怖の伏線となる緻密な脚本を書き上げたアリ・アスターは、本作で長編監督デビューを果たし、「現代ホラーの頂点」(USA Today)、「新世代の『エクソシスト』」(Time Out)、「骨の髄まで凍りつく。息もできない恐ろしさ」(ハリウッド・レポーター)と米メディアで高評価を得た。

グラハム家の家長エレンが亡くなり、娘のアニーは母に対し愛憎入り交じる感情を抱いていたが、家族とともに粛々と葬儀を執り行う。アニーと夫のスティーブン、高校生の息子ピーター、人付き合いが苦手な娘チャーリーは、家族を失った喪失感を乗り越えようとするが、彼らの周囲では奇妙な出来事が頻発する。やがて最悪の事態に陥り、家族は修復不能なまでに崩壊、そして想像を絶する恐怖に襲われる。

主演は、「シックス・センス」「リトル・ミス・サンシャイン」のトニ・コレット。夫役をガブリエル・バーン、息子役をアレックス・ウルフ、娘役をミリー・シャピロが演じるほか、アン・ダウドらが共演する。

ヘレディタリー 継承」は11月30日から東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開。

(映画.com速報)
ムーンライト Blu-ray スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] ムーンライト Blu-ray スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,551 マイアミを舞台に自分の居場所とアイデンティティを模索する少年の成長を、少年期、ティーンエイジャー期、成人期の3つの時代構成で描いたヒューマンドラマ。
リトル・ミス・サンシャイン[Blu-ray/ブルーレイ] リトル・ミス・サンシャイン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,000 第19回東京国際映画祭でも最優秀監督賞、最優秀主演女優賞、観客賞など最多3部門を受賞したロードムービー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報