映画化してごめんなさい 二階堂ふみ×GACKTダブル主演「翔んで埼玉」ビジュアル&特報完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年8月17日 > 映画化してごめんなさい 二階堂ふみ×GACKTダブル主演「翔んで埼玉」ビジュアル&特報完成
メニュー

映画化してごめんなさい 二階堂ふみ×GACKTダブル主演「翔んで埼玉」ビジュアル&特報完成

2018年8月17日 08:00

邦画史上最大の茶番劇!?「翔んで埼玉」

邦画史上最大の茶番劇!?
(C)2019映画「翔んで埼玉」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 二階堂ふみとGACKTがダブル主演し、魔夜峰央氏の人気漫画を実写映画化する「翔んで埼玉」のティザービジュアルと特報映像が、このほど披露された。ビジュアルは「埼玉の皆様、映画化してゴメンなさい。」「どうか寛大な心で、劇場に」など謝罪の文言とともに、二階堂&GACKTが頭を下げる様子を切り取っている。

原作は、「パタリロ!」などで一世を風靡した漫画家・魔夜氏が1982年に発表した同名漫画。2015年に復刊されたことをきっかけにあらゆるメディアで取り上げられ、埼玉県を徹底的に“ディスる”セリフなどが大きな話題を呼んだ。映画では、二階堂が初の男性役に挑み、GACKTが高校生役を演じたほか、「テルマエ・ロマエ」シリーズの武内英樹監督がメガホンをとった。

初お披露目となった映像は、壮大なスケールを予感させる演出と、「邦画史上最大の茶番劇」という衝撃のコピーから始まる。主役である壇ノ浦百美(二階堂)と麻実麗(GACKT)の後ろ姿が映し出される間、埼玉県をディスるセリフが連続し、「埼玉県人にはそこらへんの草でも食わせておけ」という罵倒まで飛び出す始末。ラストには、「パタリロ!」舞台版&映画版で主演を務めた加藤諒が、東京で働くことを夢見る埼玉県人役で登場している。

翔んで埼玉」は、2019年2月22日から公開。

(映画.com速報)
テルマエ・ロマエ 通常盤[DVD] テルマエ・ロマエ 通常盤[DVD] 最安価格: ¥3,151 古代ローマ帝国の浴場設計師ルシウスが現代日本にタイムスリップし、日本の風呂文化を学んでいく姿を描くコメディドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi