TOKIO松岡昌宏、戸田恵梨香×ムロツヨシ「大恋愛」で精神科医役に初挑戦!

2018年8月17日 06:00

戸田演じるヒロインの元婚約者という設定
戸田演じるヒロインの元婚約者という設定

[映画.com ニュース] 戸田恵梨香ムロツヨシが共演するTBSドラマ「大恋愛 僕を忘れる君と」に、「TOKIO」の松岡昌宏草刈民代、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の富澤たけし杉野遥亮黒川智花夏樹陽子が出演していることがわかった。

本作は“ラブストーリーの名手”として知られる脚本家の大石静氏によるオリジナルストーリー。レディースクリニックの医師として忙しくも充実した日々を送る34歳の北澤尚(戸田)は、元小説家という間宮真司(ムロ)と運命的な出会いを果たし、恋に落ちる。初めての本気の恋に突き進む尚と真司だったが、尚が若年性アルツハイマー病におかされていることが発覚。真司はピンチを笑いに変え、明るく健気に尚を支え続けながら、彼女との日々を1冊の本につづっていく。

「同窓生 人は、三度、恋をする」以来4年ぶりにTBS連続ドラマへ参加する松岡は、アメリカ・ワシントンでアルツハイマー病の最先端研究にまい進するエリート精神科医・井原侑市役に挑戦。かつて尚と将来を誓っていたが、結婚式の直前に婚約破棄されてしまった過去を持つ人物だ。キャリア初の精神科医役を演じるために「現在、医療業界においてアルツハイマーの治療の研究が進められている中、自分の中でも気になっていた部分が多々あり、そこはリアルに、そのまま自分が研究している医者として表現できればと思います。今、役の勉強をさせて頂いてる最中で、どういう形で役にアプローチできるか考えているところです」と準備に余念がない。

産婦人科「KITAレディースクリニック」の院長として働く尚の母親・北澤薫に扮する草刈は「尚を軸にして展開されるストーリーで描かれるのは、様々な関係性のなかで生まれる葛藤や、そのなかで育まれる愛なのだと思います」と説明。「過酷な病気を背負ってしまった娘を支える母親として、薫は何を見出していくのでしょうか? 人はいくつになっても成長を強いられるものなのかもしれません。薫を通して、私自身も成長できればと思っています」とコメントを寄せている。

また、真司が働く引っ越し会社の先輩で、尚との恋を陰ながら応援する木村明男役を富澤が演じるほか、TBS連続ドラマ初出演の杉野が引越し会社の若手スタッフ・小川翔太役として出演。そのほか、黒川が「KITAレディースクリニック」の受付として勤務する沢田柚香役、夏樹が侑市の母・井原千賀子役として登場する。

「大恋愛 僕を忘れる君と」は、10月からTBS「金曜ドラマ」枠で毎週金曜午後10時から放送スタート。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース