マリリン・モンロー幻のヌードシーン、半世紀以上の時を経て発見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年8月16日 > マリリン・モンロー幻のヌードシーン、半世紀以上の時を経て発見
メニュー

マリリン・モンロー幻のヌードシーン、半世紀以上の時を経て発見

2018年8月16日 11:00

幻のヌードシーンが…!「荒馬と女」

幻のヌードシーンが…!
Photo by Michael Ochs Archives/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] マリリン・モンローの幻のヌードシーンが半世紀以上の時を経て発見されたと、英デイリー・メール紙が報じている。

モンローの遺作となった「荒馬と女」(1961)の製作中、クラーク・ゲーブルとのラブシーンの撮影で、モンローは自分の体を隠していたシーツを落としてヌードになった。しかし、脚本にはそのような指示はなく、メガホンをとった巨匠ジョン・ヒューストン監督もそのテイクを気に入らなかったため、ヌードシーンはお蔵入りになり、そのまま処分されたものと思われていた。

しかし現在、モンローの新たな評伝を執筆しているチャールズ・カジーロ氏が、同作のプロデューサー、フランク・テイラーの息子であるカーティス・テイラー氏に取材した際、その映像が保存されていたことが明らかになった。「大抵、映画に使われなかったテイクは処分されます」とテイラー氏は説明。「しかしフランク・テイラーは、この映像があまりにも重要で、あまりにも画期的であると信じていたため、保存することにしたのです」。

もし、このシーンが劇場公開版に採用されていれば、アメリカ人女優が劇中でヌードを披露した記念すべき瞬間となっていたという。なお、このヌード映像を今後どうするかについては、まだ決まっていないようだ。「荒馬と女」はモンローの当時の夫である劇作家アーサー・ミラーが脚本を執筆した作品で、美しい女性の注意をひこうとする3人のカウボーイの物語。ちなみにモンローは翌年、睡眠薬の大量服用により死去している。

(映画.com速報)
荒馬と女[Blu-ray/ブルーレイ] 荒馬と女[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,851 マリリン・モンロー、クラーク・ゲーブルという2大スター競演で贈る現代西部劇。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • クワイエット・プレイスの評論 クワイエット・プレイス うららかな静寂の世界、その日常を一瞬にして恐怖に変える理不尽な脅威
  • クレイジー・リッチ!の評論 クレイジー・リッチ! “クレイジー”だけどシリアスな、アイデンティティと国籍を巡る問いかけ
  • 教誨師の評論 教誨師 俳優たちの全身全霊をかけた言葉は反転して、俳優自身の肉声として立ち上がる
映画評論の一覧を見る
Jobnavi